森鴎外「舞姫」1/5( 〜つづりてみん。)  問題

 石炭をばはや積み果てつ。中等室の卓のほとりはいと静かにて、熾熱灯の光の晴れがましきも @いたづらなり。今宵は夜ごとにここに集ひ来る骨牌仲間もホテルに宿りて、船に残れるは余一人のみなれば。五年前のことなりしが、平生の望み足りて、洋行の官命をかうむり、このセイゴンの港まで来しころは、目に見るもの、耳に聞くもの、一つとして新たならぬはなく、筆に任せて書き記しつる紀行文日ごとに幾千言をかなしけん、当時の新聞に載せられて、世の人にもてはやされしかど、今日になりて思へば、幼き思想、身のほど知らぬ a放言、さらぬも尋常の動植金石、さては風俗などをさへ珍しげに記ししを、心ある人はいかにか見けん。 Aこたびは途に上りしとき、日記ものせんとて買ひし冊子もまだ白紙のままなるは、独逸にてもの学びせし間に、一種のニル‐アドミラリイの気象をや養ひ得たりけん、あらず、これには別に故あり。
 げに東に帰る今の我は、西に航せし昔の我ならず、学問こそなほ心に飽き足らぬところも多かれ、浮き世の憂きふしをも知りたり、人の心の頼みがたきは言ふもさらなり、我と我が心さへ変はりやすきをも悟り得たり。昨日の是は今日の非なる我が瞬間の感触を、筆に写してたれにか見せん。これや B日記の成らぬ縁故なる、あらず、これには別に故あり
 ああ、ブリンヂイシイの港を出でてより、はや二十日余りを経ぬ。世の常ならば生面の客にさへ交はりを結びて、旅の憂さを慰め合ふが航海の習ひなるに、微恙にことよせて房の内にのみこもりて、同行の人々にも物言ふことの少なきは、人知らぬ恨みに頭のみ悩ましたればなり。この恨みは初め一抹の雲のごとく我が心をかすめて、瑞西の山色をも見せず、伊太利の古跡にも心をとどめさせず、中ごろは世を bひ、身をはかなみて、腸日ごとに【  c  】回すともいふべき惨痛を我に負はせ、今は心の奥に凝り固まりて、一点の影とのみなりたれど、文読むごとに、物見るごとに、鏡に映る影、声に応ずる響きのごとく、限りなき懐旧の情を呼び起こして、幾たびとなく我が心を苦しむ。ああ、いかにしてかこの恨みを銷せん。もしほかの恨みなりせば、詩に詠じ歌によめる後は心地すがすがしくもなりなん。これのみはあまりに深く我が心に彫りつけられたれば Cさはあらじと思へど、今宵はあたりに人もなし、房奴の来て電気線の鍵をひねるにはなほほどもあるべければ、いで、その概略を文につづりてみん。

問1 a放言の意味(10字以内)と、bの読みと、空欄cに文意が通るよう漢数字を記しなさい。★

問2 @いたづらなりというのはなぜか。★★

問3 Aこたびとは具体的には何を言うのか。★★

問4 本文から読み取られる旅程について簡単に説明しなさい。★★

問5 B日記の成らぬ縁故なる、あらず、これには別に故ありとあるが、「余」はどうして日記が書けないのか。文意に即して説明しなさい。★★★

問6 Cさはあらじとは、具体的にはどういうことか。★★



advanced Q.1 心ある人はいかにか見けんとはどういう心境か。90字以上100字以内で説明しなさい。

advanced Q.2 東に帰る今の我は、西に航せし昔の我ならずとあるが、「昔の我」と「今の我」との相違を第一段落中の言葉を用いて、簡潔に説明しなさい

 森鴎外「舞姫」1/5の実践問題(有料 200円)を提供しています。定期考査に出題が予想され、得点力をアップできる問題(解答用紙/「解答」/「解説」付き)です。メールにPDFを添付して送信します。
 実践問題(PDF)を購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には『森鴎外「舞姫」1/5の実践問題を購入します。』『学校名・学年・氏名』を必ず入力して送信してください。実践問題が着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

PDFとは

実践問題購入メール *ちなみに、ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります*




森鴎外「舞姫」1/5  解答用紙(プリントアウト用)

森鴎外「舞姫」1/5  ヒント

森鴎外「舞姫」1/5  解答/解説


森鴎外「舞姫」2/5  問題

森鴎外「舞姫」3/5  問題

森鴎外「舞姫」4/5  問題

森鴎外「舞姫」5/5  問題


「小説〜筋トレ国語勉強法」

現代文のインデック 古文のインデックス 古典文法 漢文 トップページ