枕草子「二月つごもりころに」  問題

  @二月つごもりごろに、風いたう吹きて、空いみじう黒きに、雪少しうち散りたるほど、黒戸に主殿寮来て、「かうて候ふ。」と言へば、寄りたるに、「これ、公任の宰相殿の。」とてあるを見れば、懐紙に、
    【  A  】心地こそすれ
とあるは、げに今日のけしきにいとよう合ひたるを、これが本は Bいかでかつくべからむと、思ひわづらひぬ。「たれたれか。」と問へば、「それそれ。」と言ふ。みないと Cはづかしき中に、宰相の御いらへを、いかでかことなしびに言ひ出でむと、心一つに苦しきを、 D御前に御覧ぜさせむとすれど、上のおはしまして大殿籠りたり。主殿寮は、「とく、とく。」と言ふ。げに、 Eおそうさへあらむは、いととりどころなければ、さはれとて、
  空寒み花にまがへて散る雪に
と、わななくわななく書きて取らせて、いかに思ふらむと、わびし。
 Fこれがことを聞かばやと思ふに、そしられたれば聞かじとおぼゆるを、「俊賢の宰相など、『なほ、内侍に奏してなさむ。』となむ、定め給ひし。」とばかりぞ、左兵衛督の、中将におはせし、語り給ひし。
   ※ 『白氏文集』に次の一節がある。「三時雲冷多飛雪、二月山寒少有春。」

問1 本文中の助動詞の語で、意図的な文法上の誤用がある。正したものを記しなさい。★★

問2 @二月の読み(異名)をひらがなで、Cはづかしきの意味を、D御前と言われている人の名を漢字二字で記しなさい。★

問3 Aの空欄にはどんな語句が補えるか、次から適当なものを選び記号で答えなさい。★★
    イ 水もこほれる  ロ 少し春ある  ハ 草木もしをるる  ニ 冬にぞもどる ホ 夏ぞこひしき

問4 Bいかでかつくべからむを品詞分解しなさい。★★

問5 Eおそうさへあらむの説明として次から適当なものを選びなさい。★
   イ 上手でも遅い  ロ 下手だが速い  ハ 上手な上に速い  ニ 下手な上に遅い

問6 Fこれがことを聞かばやを、「これがこと」の具体的内容が分かるようにして現代語訳しなさい。★★

問7 「枕草子」の作者名・ジャンル名・成立した時代を順に記しなさい。時代は、前・中・後期まで答えること。★



advanced Q.1 俊賢の宰相など、『なほ、内侍に奏してなさむ。』となむ、定め給ひしにおいて、俊賢の宰相などが、「なほ、内侍に奏してなさ む。」と言ったのは、なぜか。その理由を簡潔に説明せよ。

advanced Q.2 特に最後の段落(これがことを〜語り給ひし。)から、作者はどういう性格の持ち主だと推測されるか。10字以上15字以内、「…性格。」という言い方で説明しなさい。



枕草子「二月つごもりころに」 解答用紙(プリントアウト用)

枕草子「二月つごもりころに」 解答/解説

枕草子「二月つごもりころに」 現代語訳


現代文のインデック 古文のインデックス 古典文法 漢文 トップページ