「伊勢物語」『渚の院』  問題

 むかし、惟喬の親王と申す親王おはしましけり。山崎のあなたに、水無瀬といふ所に宮ありけり。年ごとの桜の花ざかりには、その宮ヘ イなむおはしましける。その時右馬頭なりける人を常に率ておはしましけり。時世ヘて久しくなりにければ、その人の名忘れにけり。狩はねむごろにも ロで酒をのみ飲みつゝ、やまと歌にかゝれりけり。いま狩する交野の渚の家、その院の桜ことにおもしろし。その木のもとにおりゐて、枝を折りて、かざしにさして、かみなかしもみな歌よみけり。馬頭なりける人のよめる、
 A 世のなかに絶えて桜のなかり ハば春の心はのどけからまし
となむよみたりける。また人の歌、
 B 散ればこそいとゞ桜はめでたけれうき世になにか久しかるべき
とて、その木の下はたちてかヘるに、日暮になりぬ。御供なる人酒をもた ニて、野より出できたり。この酒を飲みてむとて、よき所をもとめ行くに、天の河といふ所にいたりぬ。親王に馬頭おほみきまゐる。親王ののたまひける、「交野を狩りて、天の河のほとりにいたるを題にて、歌よみて杯はさせ」とのたまうければ、かの馬頭よみて奉りける、
 C 狩り暮らしたなばたつめに宿からむ天の河原に我は来にけり
親王歌をかヘすがへす誦じ給うて、返しえし給はず。紀有常御供に仕うまつれり。それがかヘし、
 D 一とせにひとたび来ます君まてば宿かす人もあらじとぞ思ふ
かヘりて宮に入ら ホ給ひぬ。夜ふくるまで酒飲み物語して、あるじの親王、ゑひて入り給ひ ヘなむとす。十一日の月もかくれ トなむとすれば、かの馬頭のよめる、
 E あかなくにまだきも月のかくるゝか山の端にげて入れずもあら チなむ
親王にかはり奉りて、紀有常、
 F おしなべて峯もたひらになりな リなむ山の端なくは月もいらじを。

問1 イ・ヘ・ト・チ・リの「なむ」の異同を記しなさい。

問2 ロ・ハ・ニ・ホの「に」の異同を記しなさい。

問3 A歌中の助動詞「まし」の意味用法について、歌の内容に沿って説明しなさい。

問4 B歌はA歌に対してどういう主張となっているのか。

問5 C歌の上の句を現代語訳しなさい。

問6 D歌は、C歌に対して何を言うものか。

問7 E歌を現代語訳しなさい。

問8 F歌は、E歌に対して何を言うものか。

 「用言実践筋トレ」(有料 200円)を提供しています。今のうちに用言(動詞・形容詞・形容動詞)をモノにしておきたいと思っている、入門期・展開期あるいは受験勉強段階のどの時期でも確実に文法筋力をつけることができます。「説明を読んで理解する」「書き込んで理解を確かめる」「練習問題を解いて確実なものにする」ことができる、実践的な教材です。「レベル1」→「レベル7」とレベルアップしてゆき、「ファイナル」で完成するように組み立てられ、A4版11ページから構成されています。メールにPDFを添付して送信します。
用言筋トレ (PDF)の購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には、『用言筋トレを購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。教材PDFが着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関( ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行 )の口座に200円振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

PDFとは

実践問題購入メール*ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります。*

「伊勢物語」『渚の院』 解答用紙 (プリントアウト用) へ

「伊勢物語」『渚の院』 解答/解説 へ

「伊勢物語」『渚の院』 現代語訳 へ

◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 渚の院(伊勢物語)もっと深くへ  リンク
◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



現代文のインデック 古文のインデックス 古典文法 漢文 トップページ