「伊勢物語」〜東下り  問題

 昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして、 a京にはあらじ、東の方に住むべき国求めに、とて行きけり。もとより友とする人、ひとりふたりして行きけり。道知れる人もなくて、惑ひ行きけり。三河の国、八橋といふ所に至りぬ。そこを八橋といひけるは、水ゆく河の蜘蛛手なれば、橋を八つ渡せるによりてなむ、八橋といひける。その沢のほとりの木の陰に下りゐて、乾飯食ひけり。その沢に、かきつばたいとおもしろく咲きたり。それを見て、ある人のいはく、「かきつばた、といふ五文字を句の上に【    】て、旅の心をよめ。」と言ひければ、よめる。

  T から衣着つつなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ

とよめりければ、 U皆人、乾飯の上に涙落として、ほとびにけり
 行き行きて、駿河の国に至りぬ。宇津の山に至りて、わが入らむとする道はいと暗う細きに、つた・かへでは茂り、もの心細く、 cすずろなるめを見ることと思ふに、修行者会ひたり。「かかる道は、 dいかでかいまする。」と言ふを見れば、見し人なりけり。京に、その人の御もとにとて、文書きてつく。

  駿河なる宇津の山べの Vうつつにも夢にも人にあはぬなりけり

 富士の山を見れば、五月のつごもりに、雪いと白う降れり。

  W 時知らぬ山は富士の嶺いつとてか鹿の子まだらに雪の降るらむ

 その山は、ここにたとへば、比叡の山を二十ばかり重ねあげたらむほどして、なりは塩尻のやうになむありける。
 なほ行き行きて、武蔵の国と下総の国とのなかにいと大きなる川あり。それをすみだ川といふ。その川のほとりに群れゐて、思ひやれば、かぎりなく遠くも来にけるかな、とわびあへるに、渡し守、「はや船に乗れ、日も暮れぬ。」と言ふに、乗りて渡らむとするに、皆人ものわびしくて、京に思ふ人なきにしもあらず。さるをりしも、白き鳥の、はしと脚と赤き、鴫の大きさなる、水の上に遊びつつ魚を食ふ。京には見えぬ鳥なれば、皆人見知らず。渡し守に問ひければ、「これなむ都鳥。」と言ふを聞きて、

  名にし負はばいざこと問はむ都鳥わが思ふ人は eありやなしや

とよめりければ、 X船こぞりて泣きにけり

問1
   @ 文中で過去の助動詞「き」が使われている箇所を分節で抜き出し、その活用形の名を答えなさい。
   A 文中で仮定条件の接続助詞「ば」が使われている分節を抜き出し、その口語訳を答えなさい。

問2 a「京にはあらじ」、c「すずろなるめを見ることと思ふに」、d「いかでかいまする」、e「ありやなしや」を口語訳しなさい。

問3 の空欄に文意が通じるよう、ワ行下二段活用の動詞を適切に活用させて記しなさい。

問4 T「から衣着つつなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ」の修辞についてまとめた次の文章の空欄@〜Cに、適当な語を記しなさい。

  「から衣」は、ここでは「着る」の【 @ 】。「から衣着つつ」で、「なれにし」の【 A 】。一首全体を、衣に関する「から衣・着・なれ・つま・はるばる」の【 B 】でまとめあげた。また、【 C 】としては、「なれ」「つま」「はるばる」などがある。

advanced Q.1 U「皆人、乾飯の上に涙落として、ほとびにけり」の「ほとびにけり」とは、何がどうなったのか。また、Uはどういうことを意図した表現なのか説明しなさい。

advanced Q.2 V「うつつにも夢にも人にあはぬなりけり」で、「男」は「誰」にどういう気持ちを伝えようとしているのか。「男」の理屈が分かるように解説しなさい。

advanced Q.3 W「時知らぬ山は富士の嶺いつとてか鹿の子まだらに雪の降るらむ」の「時知らぬ」とは、どういうことについての表現なのか説明しなさい。

advanced Q.4 X「船こぞりて泣きにけり」について、そうなった理由を説明しなさい。

東下り 解答(プリントアウト用) へ

東下り 解答/解説 へ

東下り 現代語訳 へ


◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 東下り(伊勢物語) もっと、深くへ!  & a.Q 例解 へリンク
◆◇◆◇◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇



現代文のインデック 古文のインデックス 古典文法 漢文 トップページ