平家物語「能登殿の最期」  問題

 @およそ能登守教経の矢先にまはる者こそなかりけれ。矢だねのあるほど射尽くして、今日を最後とや思はれけん、赤地の錦の直垂に、唐綾縅の鎧着て、いかものづくりの大太刀抜き、白柄の大長刀の鞘をはづし、左右に持つてなぎ回り給ふに、面を合はする者ぞなき。多くの者ども討たれにけり。新中納言、使者を立てて、「 能登殿、いたう罪な作り給ひそ。さりとて、よき敵か。」とのたまひければ、「さては、大将軍に組めごさんなれ。」と心得て、打ち物茎短に取つて、源氏の舟に乗り移り乗り移り、をめき叫んで攻め戦ふ。判官を見知り給はねば、 a物の具のよき武者をば判官かと目をかけて、馳せ回る。判官も先に心得て、 面に立つやうにはしけれども、とかく違ひて能登殿には組まれず。されども、いかがしたりけん、判官の舟に乗りあたつて、あはやと目をかけて飛んでかかるに、判官かなはじとや思はれけん、長刀わきにかいはさみ、味方の舟の二丈ばかり退いたりけるに、ゆらりと飛び乗り給ひぬ。能登殿は、早業や劣られたりけん、やがて続いても飛び給はず。 今はかうと思はれければ、太刀・長刀海へ投げ入れ、甲も脱いで捨てられけり。鎧の草摺かなぐり捨て、胴ばかり着て、大童になり、大手を広げて立たれたり。 Aおよそあたりをはらつてぞ見えたりける。恐ろしなんどもおろかなり。
 能登殿大音声を上げて、「我と思はん者どもは、寄つて教経に b組んで生け捕りにせよ。鎌倉へ c下つて、頼朝に d会うて、ものひとこと言はんと思ふぞ。寄れや寄れ。」とのたまへども、寄る者一人もなかりけり。ここに、土佐の国の住人、安芸郷を知行しける安芸の大領実康が子に、安芸太郎実光とて、三十人が力持つたる大力の剛の者あり。我にちつとも劣らぬ e郎等一人、弟の次郎も普通にはすぐれたるしたたか者なり。安芸太郎、能登殿を見たてまつて申しけるは、「いかに猛うましますとも、我ら三人とりついたらんに、たとひ丈十丈の鬼なりとも、などか従へざるべき。」とて、主従三人小舟に乗つて、能登殿の舟に押し並べ、「えい。」と言ひて乗り移り、甲の錣をかたぶけ、太刀を抜いて一面に討つてかかる。能登殿ちつとも騒ぎ給はず、まつ先に進んだる安芸太郎が郎等を、裾を合はせて海へどうど蹴入れ給ふ。続いて寄る安芸太郎を弓手のわきに取つてはさみ、弟の次郎をば馬手のわきにかいはさみ、ひと締め締めて、「 Bいざ、うれ、さらばおのれら、死途の山の供せよ。」とて、生年二十六にて海へつつとぞ入り給ふ。

問1  a物の具とは何か。漢字一字で二つ、本文中から抜き出せ。★

問2 b組ん、c下つ、d会うの音便について、次の問いに答えよ。★★
   (1)それぞれもとの形に改めよ。
   (2)cのような音便を何というか。その音便名を答えよ。
   (3)この三つの音便以外にも、音便がある。何という音便か。その音便名を答えよ。
   (4)(3)で答えた音便が、以下の文章中の四箇所に見られる。その中から三番めに出てくる語を抜き出し、もとの形に改めて答えよ。★

問3 e郎等の読み・意味を記しなさい。読みは現代仮名遣いのひらがなで答えること。★

問4 @Aにある「およそ」は意味が異なる。その文法的説明として適当なものをそれぞれ次の中から選び、記号で答えよ。★★
    ア 概略的または原則的に述べる意を表す。
    イ 下に否定語を伴い、「全く」の意を表す。
    ウ 話題を転換させるときに用いる。
    エ 補足するときに、その初めに用いる。
    カ 逆説の関係にあることを表す。

問5 @およそ能登守教経の矢先にまはる者こそなかりけれ。について、「教経の矢先にまはる者こそなかりけれ」とあるが、それはなぜか。簡潔に説明せよ。★★★

問6 Aおよそあたりをはらつてぞ見えたりける。恐ろしなんどもおろかなり。について、「恐ろしなんどもおろかなり。」は作者の感想の言葉で、挿入句的である。『平家物語』は語り物であるから、挿入句が多く用いられ、本文前段にこれ以外に挿入句が四つある。その二番めと四番めの挿入句を順に抜き出し、それぞれ初めと終わりの三字(句読点は含まない)で答えよ。★★★

問7 Bいざ、うれ、さらばおのれら、死途の山の供せよについて、
  (1)の「いざ、うれ、さらばおのれら」は四つの単語からなるが、その中の二つは、相手をののしったり、卑下したりするときに用いる代名詞である。 その代名詞を順に抜き出せ。ただし、接尾語は含まない。★★
  (2)残りの二つの単語の品詞は、何か。品詞名だけを順に答えよ。★★

問8 問題本文後段は、能登殿の最期を描くことによって、能登殿のどういう人物像を描こうとしたものか。漢字四字で答えよ。★★

問9「平家物語」のジャンル名・原形が成立した時代・この物語を弦楽器を弾きつつ語った者たちの総称を順に記しなさい。★


advanced Q.1 能登殿、いたう罪な作り給ひそ。さりとて、よき敵か。とは、知盛は何を言わんとしているのか。また、教経はどう受け取っているのか。その違いが分かるように説明しなさい。

advanced Q.2 面に立つやうにはしけれどもの「面に立つやうにはしけれ」のようにしたのはなぜか。わかりやすく、かつ、簡潔に記しなさい。

advanced Q.3 今はかうと思はれけれとあるが、「かう」とは具体的にはどういうことか。また、そう思った理由は何か。それらがわかるように説明しなさい。

 『平家物語「能登殿の最期」の実践問題』を提供しています(有料 200円)。定期考査に出題が予想され、受験力アップにもなる問題(「解答用紙」「解答」「解説」付き)です。メールにPDFを添付して送信します。
 実践問題(PDF)を購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には『平家物語「能登殿の最期」』の実践問題を購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。実践問題が着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。
  商用については応相談です。

!!  用言実践筋トレ(有料 200円)を提供しています。今のうちに用言(動詞・形容詞・形容動詞)をモノにしておきたいと思っている、入門期・展開期あるいは受験勉強段階のどの時期でも確実に文法筋力をつけることができます。「説明を読んで理解する」「書き込んで理解を確かめる」「練習問題を解いて確実なものにする」ことができる、実践的な教材です。「レベル1」→「レベル7」とレベルアップしてゆき、「ファイナル」で完成するように組み立てられ、A4版で11ページから構成されています。メールにPDFを添付して送信します。
用言筋トレ (PDF)の購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には、『用言筋トレを購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。教材PDFが着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関( ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行 )の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

                              

PDFとは

実践問題購入メール *ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります*



平家物語「能登殿の最期」 解答用紙(プリントアウト用)

平家物語「能登殿の最期」 解答/解説

平家物語「能登殿の最期」 現代語訳


現代文のインデック 古文のインデックス 古典文法 漢文 トップページ