源氏物語「住吉参詣」(澪標)2/2   問題

 光源氏は右大臣勢力の圧迫を逃れるため、須磨へと退去して、つらい日々を過ごすこととなる。そこで出会ったのが、播磨の国に土着した元国司の娘明石の君である。光源氏はその後赦免の宣旨が下り、懐妊した明石の君を残し帰京してしまう。翌春、明石の君は姫君を出産する。光源氏は内大臣となり、実質的に政界の最高の地位を占めることとなった。次の本文は、須磨退去の時代住吉の神に立てた願がかなえられたことへのお礼のため参詣するが、明石の君もたまたまそこへ来合せる場面である。本文を読んで問に答えなさい。

 国の守(=摂津の国守)参りて、御まうけ(=光源氏一行へのもてなし)、例の大臣などの参り給ふよりは、ことに世になくつかうまつりけむかし。(明石の君は)いとはしたなければ、「立ちまじり、数ならぬ身のいささかのことせむに、神も見入れ数まへ給ふべきにもあらず。今日は難波に舟さしとめて、祓へを aだにせむ。」とて、漕ぎ渡りぬ。
 君はゆめにも知り給はず、夜一夜いろいろのことをせさせ給ふ。まことに神の喜び給ふべきことをし尽くして、来し方の御願にもうち添へ、ありがたきまで遊びののしり明かし給ふ。 惟光やうの人は、心のうちに神の御徳をあはれにめでたしと思ふ。あからさまに立ち出で給へるに候ひて、聞こえ出でたり。
  住吉のまつこそものは悲しけれ神代のことをかけて思へば
げにとおぼし出でて、
 「荒かりし波の迷ひに住吉の神をばかけて忘れやはする
しるしありな。」とのたまふも、いとめでたし。
 @かの明石の舟、この響きにおされて過ぎぬることも聞こゆれば、知らざりけるよとあはれにおぼす。神の御しるべをおぼし出づるもおろかならねば、「いささかなる消息をだにして心慰めばや。なかなかに思ふらむかし。」とおぼす。御社立ち給ひて、所々に逍遥を尽くし給ふ。難波の御祓へなど、ことによそほしうつかまつる。堀江のわたりを御覧じて、「今はた同じ難波なる。」と、御心にもあらでうち cじ給へるを、御車のもと近き惟光承りやしつらむ、さる召しもやと、例にならひて懐にまうけたる柄短き筆など、御車とどむる所にて奉れり。をかしとおぼして、 d畳紙に、  みをつくし恋ふるしるしにここまでもめぐりあひける eえには深しな
とて給へれば、かしこの心知れる下人してやりけり。駒並めてうち過ぎ給ふにも心のみ動くに、  Aつゆばかりなれど、いとあはれにかたじけなくおぼえて、うち泣きぬ。
  B数ならでなにはのこともかひなきになどみをつくし思ひそめけむ                        【澪標】

問1 aだにを文法の観点から、文意に沿って説明しなさい。

問2 bしるし、eえにの意味を記しなさい。また、c、d畳紙のよみを現代仮名遣いのひらがなで記しなさい。

問3 @「かの明石の舟、この響きにおされて過ぎぬることも聞こゆれば、知らざりけるよとあはれにおぼす。」を、人物関係がわかるよう、かつ、敬語に注意して現代語訳しなさい。ただし、人物名は「国司・例の大臣・光源氏・惟光・住吉の神・明石の君」のいずれかを使うものとする。

問4 A「つゆばかりなれど」とは、何がどうだというのか、簡潔に説明しなさい。

問5 Bの歌について、次の問いに答えよ。
  (1) 修辞技巧を説明した次の文の〈  〉にあてはまる言葉をそれぞれ答えよ。
     「なには」は「〈   〉」に「難波」を掛け、「〈   〉」「〈   〉」をその縁語として用いた。
  (2)この歌からもうかがうことができるが、明石の君が源氏との間についていつも意識していることがある。それは何か。適当なものを次の中から選び、記号で答えよ。
    ア 年齢の違い  イ 人生観の違い  ウ 身分の違い  エ 教養の違い

問6  次の一文は文意上どこに挿入できるか、その個所の直後の一文のはじめ5文字を記しなさい。
     「帰らむにも中空なり。」

問7 「源氏物語」の成立した時代・作者の名・作者が仕えた中宮とその父親の名を順に記しなさい。時代は前・中・後期まで答えること。★


advanced Q.1 「惟光やうの人」とは、ここではどのような人となるか、5〜10字で記しなさい。

advanced Q.2 「今はた同じ難波なる。」は、『後撰集』の「わびぬれば今はた同じ難波なるみをつくしてもあはむとぞ思ふ」の一節である。どういう感慨から口ずさまれたのか。

 『源氏物語「住吉参詣2/2」」(澪標)の実践問題』を提供しています(有料 200円)。定期考査に出題が予想され、得点力アップできる問題(解答用紙」/解答」/「解説」付き)です。メールにPDFを添付して送信します。
 実践問題(PDF)を購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には『「住吉参詣2/2」」(澪標)の実践問題を購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。実践問題が着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

 「用言実践筋トレ」(有料 200円)を提供しています。今のうちに用言(動詞・形容詞・形容動詞)をモノにしておきたいと思っている、入門期・展開期あるいは受験勉強段階のどの時期でも確実に文法筋力をつけることができます。「説明を読んで理解する」「書き込んで理解を確かめる」「練習問題を解いて確実なものにする」ことができる、実践的な教材です。「レベル1」→「レベル7」とレベルアップしてゆき、「ファイナル」で完成するように組み立てられ、A4版11ページから構成されています。学校などで色々持たされているけど、いまひとつ取り組む気になれない人向けの、短時間で効率よく習得できるもの。メールにPDFを添付して送信します。
 「用言実践筋トレ 」(PDF)の購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には、『用言筋トレを購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。教材PDFが着信した日から3日以内を目安に(金融機関が非営業日はカウントしません)、指定された金融機関( ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行 )の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

PDFとは

実践問題購入メール*ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります*



源氏物語「住吉参詣」(澪標)2/2  解答用紙 へ(プリントアウト用)

源氏物語「住吉参詣」(澪標)2/2  解答/解説 へ

源氏物語「住吉参詣」(澪標)2/2  現代語訳 へ


源氏物語「住吉参詣」(澪標)1/2  問題 へ




現代文のインデック 古文のインデックス 古典文法 漢文 トップページ