源氏物語「野分の朝」(野分)  問題

 次は、野分の吹き始めたある日、光源氏の邸宅六条院の南の御殿の出来事が書かれた場面である。本文を読んで、後の問に答えなさい。

  南の御殿にも、 a前栽つくろはせたまひける折にしも、かく吹き出でて、 (★)もとあらの小萩、 Q1はしたなく待ちえたる風のけしきなり。 折れ返り、露もとまるまじく吹き散らすを、(紫上ハ) (紫の上は)Q2すこし端近くて見たまふ。 大臣(光源氏)は、 姫君(明石の姫君)の御方におはしますほどに、 中将の君参りたまひて、 東の渡殿の小障子の上より、 妻戸の開きたる隙を、(光源氏ノ子息夕霧ハ)何心もなく見入れたまへるに、女房のあまた見ゆれば、立ちとまりて、音もせで見る。  御屏風も、風のいたく吹きければ、押し畳み寄せたるに、見通しあらはなる bの御座にゐたまへる人、ものに紛るべくもあらず、 気高くきよらに、さとにほふ心地して、 春の曙の霞の間より、おもしろき樺桜の咲き乱れたるを見る心地す。あぢきなく、見たてまつるわが顔にも移り来るやうに、愛敬はにほひ散りて、またなくめづらしき人の御さまなり。 c御簾の吹き上げらるるを、人びと押へて、 いかにしたるにかあらむ、うち笑ひたまへる、いといみじく見ゆ。花どもを心苦しがりて、え見捨てて入りたまはず。御前なる人びとも、さまざまにものきよげなる姿どもは見わたさるれど、目移るべくもあらず。「 大臣のいと気遠くはるかにもてなしたまへるは、 @かく見る人ただにはえ思ふまじき御ありさまを、いたり深き御心にて、もし、かかることもやと思すなりけり」と思ふに、けはひ恐ろしうて、立ち去るにぞ、 西の御方より、内の御障子引き開けて渡りたまふ。

 「 いとうたて、あわたたしき風なめり。御格子下ろしてよ。男どもあるらむを、 Aあらはにもこそあれ」 と聞こえたまふを、また寄りて見れば、もの聞こえて、大臣もほほ笑みて見たてまつりたまふ。親ともおぼえず、若くきよげになまめきて、いみじき御 d容貌の盛りなり。 女もねびととのひ、飽かぬことなき御さまどもなるを、身にしむばかりおぼゆれど、この渡殿の格子も吹き放ちて、立てる所のあらはになれば、恐ろしうて立ち退きぬ。今参れるやうにうち声づくりて、簀子の方に歩み出でたまへれば、「さればよ。あらはなりつらむ」とて、かの妻戸の開きたりけるよと、今ぞ見咎めたまふ。 e年ごろかかることのつゆなかりつるを。風こそ、げに巌も吹き上げつべきものなりけれ。」さばかりの Q3御心どもを騒がして、めづらしくうれしき目を見つるかなとおぼゆ。 【野分】
  ★ 古今和歌集694に「宮城野の もとあらの小萩 露を重み 風を待つごと 君をこそ待て」とある。

問1 a前栽、e年ごろの意味を記しなさい。★

問2 b、c御簾、d容貌の読みを現代仮名遣いのひらがなで記しなさい。★

問3 本文から挿入句となっている個所を抜き出しなさい。★★

問4 @かくとは、具体的にはどういうことか。★★

問5 Aあらはにもこそあれについて
   (1)口語訳しなさい。★★
   (2)光源氏がそう思った理由を分かりやすく説明しなさい。★★★

問6 「源氏物語」の成立した時代・作者の名・作者が仕えた中宮とその父親の名を順に記しなさい。★

advanced Q.1 Q1はしたなく待ちえたるとは、具体的にはどういうことを言うものか。分かりやすく記しなさい。

advanced Q.2 Q2すこし端近くて見たまふという設定は、作者のどういう意図を示しているか。

advanced Q.3 Q3御心どもを騒がしてとは、何がどうしたのか。「ども」に気を付けて説明しなさい。

 『野分の朝(源氏物語)の実践問題』を提供しています(有料 200円)。定期考査に出題が予想され、得点力をアップできる問題(解答用紙/「解答」/「解説」付き)です。メールにPDFを添付して送信します。
 実践問題(PDF)を購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には『野分の朝(源氏物語)の実践問題を購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。実践問題が着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。
 商用の料金については応相談です。

 「用言実践筋トレ」(有料 200円)を提供しています。今のうちに用言(動詞・形容詞・形容動詞)をモノにしておきたいと思っている、入門期・展開期あるいは受験勉強段階のどの時期でも確実に文法筋力をつけることができます。「説明を読んで理解する」「書き込んで理解を確かめる」「練習問題を解いて確実なものにする」ことができる、実践的な教材です。「レベル1」→「レベル7」とレベルアップしてゆき、「ファイナル」で完成するように組み立てられ、A4版11ページから構成されています。学校などで色々持たされているけど、いまひとつ取り組む気になれない人向けの、短時間で効率よく習得できるもの。メールにPDFを添付して送信します。
 「用言実践筋トレ 」(PDF)の購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には、『用言筋トレを購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。教材PDFが着信した日から3日以内を目安に(金融機関が非営業日はカウントしません)、指定された金融機関( ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行 )の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

PDFとは

実践問題購入メール*ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります*



源氏物語「野分の朝」(野分)  解答用紙(プリントアウト用) へ

源氏物語「野分の朝」(野分)  解答/解説 へ

源氏物語「野分の朝」(野分) 現代語訳 へ




現代文のインデック 古文のインデックス 古典文法 漢文 トップページ