源氏物語「紫の上の死 3/3」(御法)   問題

 次の文章は、紫の上が亡くなって悲しみにふける源氏を、かつて紫の上が養女として入内させた冷泉院の后の宮(秋好中宮)が弔問するくだりである。これを読んで、あとの問いに答えよ。




 冷泉院の后の宮よりも、あはれなる御消息絶えず、尽きせぬことども聞こえ給ひて、
  枯れ果つる野辺を @憂しとや亡き人の秋に心をとどめざりけむ
今なむことわり知られ侍りぬるとありけるを、ものおぼえぬ御心にも、うち返し、置きがたく見給ふ。言ふかひあり、をかしからむ方の慰めには、この宮ばかりこそおはしけれと、いささかのもの紛るるやうにおぼし続くるにも、涙のこぼるるを、袖のいとまなく、え書きやり給はず。
  A上りにし雲居ながらもかへりみよ我あき果てぬ常ならぬ世に
おし包み給ひても、とばかりうちながめておはす。

 すくよかにもおぼされず、我ながら、ことのほかにほれぼれしくおぼし知らるること多かる紛らはしに、女方にぞおはします。仏の御前に、人しげからずもてなして、のどやかに B行ひ給ふ。千年をももろともにとおぼししかど、限りある別れぞ、いとくちをしきわざなりける。今は、蓮の露もことごとに紛るまじく、のちの世をと、ひたみちにおぼし立つことたゆみなし。されど、 C人聞きをはばかり給ふなむ、あぢきなかりける

 御わざのことども、はかばかしく Dのたまひおきつることなかりければ、大将の君なむ、とりもちてつかうまつり給ひける。今日やとのみ(※)、わが身も心づかひせられ給ふ折多かるを、はかなくて積もりにけるも、夢の心地のみす。中宮なども、おぼし忘るる時の間なく、恋ひ聞こえ給ふ。(御法)

  (※) わびつつも昨日ばかりは過ぐしてき今日やわが身の限りなるらむ(「拾遺集」)

問1 本文中で次に該当する助動詞が使われている文節を抜き出しなさい。a・cは各1つ、bは2つとします。★★
  a. 体験回想の過去の意味を持ち已然形のもの。
  b. 自発の意味で使われているもの。
  c. 仮定・婉曲で使われているもの。

問2 @憂しと思うのはだれか。適当なものを次の中から選び、記号で答えよ。★★
    ア 「冷泉院の后の宮」  イ 「亡き人」  ウ 「我」  エ 「仏」

問3 A上りにし雲居ながらもかへりみよ我あき果てぬ常ならぬ世にの歌で使われている修辞を2点あげて説明しなさい。★★

問4 B行ひ、Dのたまひおきの意味を言い切りの形にして5字以内で記しなさい。★

問5 C人聞きをはばかり給ふなむ、あぢきなかりけるとは、誰がどうすることをどうだといっているのか。文意に即して分かりやすく説明しなさい。★★★

問6 「源氏物語」の成立した時代・作者の名・作者が仕えた中宮とその父親の名を順に記しなさい。★


advanced Q.1 枯れ果つる野辺は実景であると同時に、ほかにどういうことを象徴しているか。

advanced Q.2 今なむことわり知られ侍りぬるは、秋好中宮からの「御消息」である。「御消息」であることを、どの語がよく表しているか。該当する語を抜き出せ。

advanced Q.3 A上りにし雲居ながらもかへりみよ我あき果てぬ常ならぬ世にの「上りにし雲居」の解釈には二説ある。それはどういうものと考えられるか。



 源氏物語「紫の上の死 3/3」(御法)の実践問題(有料 200円)を提供しています。定期考査に出題が予想され、事前にやっておくと確実に得点アップできる問題(「解答用紙」「解答」「解説」付き)です。メールにPDFを添付して送信します。
 実践問題(PDF)を購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には『源氏物語「紫の上の死 3/3」(御法)の実践問題を購入します。』『学校名・学年・氏名』を必ず入力して送信してください。実践問題が着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

PDFとは

実践問題購入メール *ちなみに、ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります*






源氏物語「紫の上の死 3/3」(御法)  解答用紙(プリントアウト用) へ

源氏物語「紫の上の死 3/3」(御法)  解答/解説 へ

源氏物語「紫の上の死 3/3」(御法) 現代語訳 へ


源氏物語「紫の上の死 1/3」(御法)  へ

源氏物語「紫の上の死 2/3」(御法)  へ




現代文のインデック 古文のインデックス 古典文法 漢文 トップページ