源氏物語「輝く日の宮 2/2」(桐壺巻)   問題

 次は、藤壺の宮が桐壺帝のもとに入内した後のことを描いている。後の問いに答えなさい。

 源氏の君は、(父桐壺帝ノ)御あたり去り給はぬを、ましてしげく渡らせ給ふ御方は、( @ )恥ぢあへ給はず。いづれの御方も、われ人に劣らむと思いたるやはある、(  A  )いとめでたけれど、うち大人び給へるに、いと若ううつくしげにて、切に隠れ給へど、おのづから漏り見奉る。
 母御息所も、影だにおぼえ給はぬを、『いとよう似給へり』と、典侍の聞こえけるを、若き御心地にいとあはれと思ひ聞こえ給ひて、常に参らまほしく、『なづさひ見奉らばや』とおぼえ給ふ。上も限りなき御思ひどちにて、『( B )疎み給ひそ。あやしくよそへ聞こえつべき心地なむする。なめしと思さで、らうたくし給へ。つらつき、まみなどは、いとよう似たりしゆゑ、かよひて見え給ふも、(  C  )ずなむ』など聞こえつけ給へれば、幼心地にも、はかなき花紅葉につけても心ざしを見え奉る。 Dこよなう心寄せ聞こえ給へれば、弘徽殿の女御、またこの宮とも御仲そばそばしきゆゑ、うち添へて、 もとよりの憎さも立ち出でて、ものしと思したり。
 世にたぐひなしと見奉り給ひ、名高うおはする宮の御容貌にも、なほ匂はしさはたとへむ方なく(  E  )を、世の人、『光る君』と聞こゆ。藤壺ならび給ひて、御おぼえもとりどりならば、『かかやく日の宮』と聞こゆ。  【桐壺巻】

問1 本文中に意図的な活用の誤用の語がある。それはどれか、正した形で記しなさい。★★★

問2 空欄の@Bに文意が通るように呼応(陳述)の副詞を記しなさい。★★

問3 空欄のACEに文意が通るように次から語を選び、適当に活用させて記しなさい。★★
    似げなし  とりどりなり  うつくしげなり  うちつけなり  をさなし

問4 Dこよなう心寄せ聞こえ給へればにおける敬語法を説明しなさい。★★

問5 「源氏物語」の成立した時代・作者の名・作者が仕えた中宮とその父親の名を順に記しなさい。★

advanced Q. もとよりの憎さも立ち出でてについて。「もとよりの憎さ」とはどいうもので、「立ち出でて」とはどういう理由でどうなったというのか、分かりやすく説明しなさい。

 源氏物語「輝く日の宮 2/2」の実践問題(有料 200円)を提供しています。定期考査に出題が予想され、事前にやっておくと確実に得点アップできる問題(「解答用紙」「解答」「解説」付き)です。メールにPDFを添付して送信します。
 実践問題(PDF)を購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には『源氏物語「輝く日の宮 2/2」の実践問題を購入します。』『学校名・学年・氏名』を必ず入力して送信してください。実践問題が着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。
  商用については応相談です。

PDFとは

実践問題購入メール *ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります*



源氏物語「輝く日の宮 2/2」(桐壺巻)  解答用紙(プリントアウト用) へ

源氏物語「輝く日の宮 2/2」(桐壺巻)  解答/解説 へ

源氏物語「輝く日の宮 2/2」(桐壺巻) 現代語訳 へ




現代文のインデック 古文のインデックス 古典文法 漢文 トップページ