源氏物語「光る君誕生」(桐壺) 問題

 いづれの御時にか、女御・更衣あまた @候ひ給ひける中に、いとやむごとなききはにはあらぬが、すぐれて時めき給ふありけり。初めより我はと思ひあがり給へる御方々、めざましきものに、おとしめ、そねみ給ふ。同じほど、それより下揩フ更衣たちは、ましてやすからず。朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、恨みを負ふ積もりにやありけむ、いとあつしくなりゆき、もの心細げに里がちなるを、いよいよ飽かずあはれなるものに思ほして、人のそしりをも Aえはばからせ給はず、世のためしにもなりぬべき御もてなしなり。 a上達部・上人なども、あいなく目をそばめつつ、いとまばゆき人の御おぼえなり。 b唐土にも、かかることの起こりにこそ、世も乱れあしかりけれと、やうやう天の下にも、あぢきなう、人のもて悩みぐさになりて、楊貴妃のためしも引き出でつべくなりゆくに、いとはしたなきこと多かれど、 Bかたじけなき御心ばへのたぐひなきを頼みにて、まじらひ給ふ
 父の大納言は亡くなりて、母北の方なむ、いにしへの人の、よしあるにて、親うち具し、さしあたりて世の cおぼえはなやかなる御方々にもいたう劣らず、何事の儀式をももてなし給ひけれど、とりたててはかばかしき後見しなければ、ことあるときは、なほよりどころなく、心細げなり。
 前の世にも、御契りや深かりけむ、世になく清らなる玉の d男皇子さへ生まれ給ひぬ。いつしかと心もとながらせ給ひて、急ぎ参らせて御覧ずるに、めづらかなるちごの御かたちなり。一の皇子は、右大臣の女御の御腹にて、よせ重く、疑ひなきまうけの君と、世にもてかしづき聞こゆれど、 Cこの御にほひには並び給ふべくもあらざりければ、おほかたのやむごとなき御思ひにて、 Dこの君をば、私物に思ほしかしづき給ふこと限りなし。
 初めよりおしなべての上宮仕へし給ふべききはにはあらざりき。おぼえいとやむごとなく、上衆めかしけれど、 Eわりなくまつはさせ給ふあまりに、さるべき御遊びの折々、何事にもゆゑあることのふしぶしには、まづまう上らせ給ふ、あるときには e大殿籠り過ぐして、やがて候はせ給ひなど、あながちに御前去らずもてなさせ給ひしほどに、おのづから軽き方にも見えしを、この皇子生まれ給ひてのちは、いと心ことに思ほしおきてたれば、坊にも、ようせずは、この皇子のゐ給ふべきなめりと、一の皇子の女御はおぼし疑へり。 F人より先に参り給ひて、やむごとなき御思ひなべてならず、皇女たちなどもおはしませば、この御方の御いさめをのみぞ、なほわづらはしう、 f心苦しう思ひ聞こえさせ給ひける。
 かしこき御かげをば頼み聞こえながら、おとしめ、疵を求め給ふ人は多く、わが身はか弱くものはかなきありさまにて、 Gなかなかなるもの思ひをぞし給ふ。御局は桐壺なり。【桐壺】

問1 a上達部・上人、b唐土、d男皇子の読みを現代仮名遣いのひらがなで記しなさい。★

問2 cおぼえ、e大殿籠り過ぐし、f心苦しうの意味を、活用語は基本形で記しなさい。★

問3 @候ひ給ひけるという表現を、敬語の観点から説明しなさい。★★

問4 Aえはばからせ給はずを主語を補って現代語訳しなさい。人物の呼称は以下の問を含めて、【桐壺の更衣・帝・女御・他の更衣・上達部・上人・世の人・父大納言・母北の方・一の皇子・一の皇子の母女御】のいずれかを使用すること。★★

問5 Bかたじけなき御心ばへのたぐひなきを頼みにて、まじらひ給ふ、Cこの御にほひには並び給ふべくもあらざりけれ、Dこの君をば、私物に思ほしかしづき給ふ、Eわりなくまつはさせ給ふ、F人より先に参り給ひとは、誰がどうするあるいは、どうだというのか、文意に即して説明しなさい。★★


a Q
 1 D「この君をば、私物に思ほしかしづき給ふ」とあるが、「一の皇子」ではなく「この君」へ格別の情愛を抱いた理由を30〜35字で説明しなさい。

 2 Gなかなかなるもの思ひとあるが、どういう気苦労か。その気苦労を、具体的に説明せよ。

源氏物語「光る君誕生」(桐壺)  解答用紙 へ(プリントアウト用)

源氏物語「光る君誕生」(桐壺)  解答・解説 へ

源氏物語「光る君誕生」(桐壺) 現代語訳 へ



現代文のインデック 古文のインデックス 古典文法 漢文 トップページ