大鏡「兼通と兼家の不和/堀河殿、最後の参内」(太政大臣兼通) 現代語訳

  (世継)「堀河殿〔藤原兼通〕は(兼家公を憎んで)、最後には、ご自分がお亡くなりになろうという際には、関白職を、御いとこの頼忠の左大臣にお譲りになった、(そのことを、)世間の人はたいへんな筋違いなことだと、非難申し上げました。」

 この対座して(聞いて)いる若侍が言うには、
 (若侍)「東三条殿〔藤原兼家〕の官職を(兼通公が)お取り申し上げなさった当時の事情は、道理の通った処置だと承(うけたまわ)りました。(なにしろ)私の祖父は、あの殿〔兼通〕の長年にわたる家来でありましたから、詳しく承(うけたまわ)ったのですよ。この殿方(兼通・兼家ご兄弟の)御仲は、年来の官位の昇進の競争の間に、御仲が悪くてお過ごしになったうちに、堀河殿〔兼通〕はご病気が重くおなりになって、もはや危篤(きとく)でいらっしゃった時に、邸の東のほうに、先払いをする声がするので、(兼通公の)ご病床におつき申し上げていた人たちが、『だれのお越しか。』などと言ううちに、『東三条の右大将殿〔兼家〕が参上なさいます。』と、だれかがご報告申し上げたので、殿〔兼通〕はお聞きになって、『長年兄弟仲が悪く過ごしてきたが、(私が)危篤(きとく)におちいっていると聞いて、きっと見舞いに来られるのだろうよ。』と思って、ご病床近くにある見苦しいものを取り片づけ、お休みになっている寝床をきちんと直したりして、(兼家公を)お招き入れ申し上げようとして、準備してお待ちになっていると、『すでに邸の前を通り過ぎて、内裏へご参上なさいました。』とだれかがご報告申し上げるので、(兼通公は)すっかりあきれ果て不愉快にお思いで、(兼通公の)おそばにつきそっている人々も、(お迎えする準備をしたりして)馬鹿らしい(ことをしてしまった)と思っていることでしょう。

 (兼通公は)『(兼家が)見舞いにいらっしゃったら、関白職などを譲ることなどを相談申し上げようと思っていたのに。こんな性格だからこそ、年来不仲で通してきたのだ。(素通りするとは)心外で、苛立たしいことだ。』と言って、今にも息が絶えそうなありさまで臥していらっしゃったお方が、『抱き起こせ。』とお命じになるので、おそばの人々もいったいどうしたことかと不審に思っていると、(兼通公は)『車に支度(したく)をせよ。お先払いの者どもをそろえよ。』とおっしゃるので、(人々は)物の怪がおとりつきになったか、正気ではなく(うわごとでも)仰せになるのかと、けげんに思ってご様子を拝見していると、(兼通公は)御冠をお召し寄せになって、装束などをお召しになって、(牛車で)宮中へ参内(さんだい)なさって、内裏の門の警護の詰め所から内はご子息たちの肩に寄りかかって、(清涼殿の北東の)滝口の陣のほうから(殿上へお昇りになって)、帝の御前へ参上しようとして、清涼殿の孫廂(まごびさし)にある昆明池の障子の所にお姿をお現しになると、(清涼殿中央の)帝の昼の御座には、ちょうど東三条の大将〔兼家〕が、帝の御前でご拝謁なさっているところであった。

 この大将殿〔兼家〕は、堀河殿〔兼通〕がすでにお亡くなりになったとお聞きになって、帝に次の関白職に私をとお願い申し上げようとお思いになって、この兼通公の邸の門前を素通りして、参内して奏上申し上げなさるところに、堀河殿〔兼通〕が、目をかっと見開いてお出でになったので、帝も大将〔兼家〕も、びっくり仰天なさる。大将は、(兼通公を)ちらりと見て、立ち上がって(清涼殿の西廂の南にある)鬼の間のほうへ行っておしまいになった。関白殿〔兼通〕は、帝の御前にひざまづきなさって、ひどく不機嫌なご様子で、『最後の官吏任免を行いに参上したのでございます。』と言って、蔵人頭をお呼びになって、関白には頼忠の左大臣を、(また)東三条殿〔兼家〕の大将職を取り上げて、(かわりに)小一条の済時(なりとき)中納言を大将に任じ申すとの宣旨を下して、東三条殿を(閑職の)治部偕に降格任命申し上げて、ご退出なさって、まもなく(兼通公は)お亡くなりになったのですよ。意地っ張りのご気性でいらしたお方で、あれほど危篤の状態でいらっしゃったのに、憎しみのあまり参内申し上げなさったありさまは、他の人はとてもまねできないことでしたよ。

 こういういきさつですから、東三条殿の、官職をお取り上げになる(兼通公の)なされようも、一概に堀河殿〔兼通〕の異常なお心からでもありません。ことの真相は、こういうことなのです。『関白職は兄弟の順序どおりに。』というお墨付きのご文書を、お思いつきになり、御妹の皇后宮〔安子〕にお願い申し上げて書いてもらってご所持になっていたのも、また臨終のきわにご自分のご遂行になりたいことを果たして、お亡くなりになったところも、つらつら思いますに、(兼通公は)意志強固で、賢明でいらっしゃった方です。」(と若侍は兼通公を称賛するのであった)。



 『大鏡「兼通と兼家の不和/堀河殿、最後の参内」の実践問題』を提供しています(有料 200円)。定期考査に出題が予想され、得点力をアップできる問題(解答用紙/「解答」/「解説」付き)です。メールにPDFを添付して送信します。
 実践問題(PDF)を購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には『大鏡「兼通と兼家の不和/堀河殿、最後の参内」の実践問題を購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。実践問題が着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

 「用言実践筋トレ」(有料 200円)を提供しています。今のうちに用言(動詞・形容詞・形容動詞)をモノにしておきたいと思っている、入門期・展開期あるいは受験勉強段階のどの時期でも確実に文法筋力をつけることができます。「説明を読んで理解する」「書き込んで理解を確かめる」「練習問題を解いて確実なものにする」ことができる、実践的な教材です。「レベル1」→「レベル7」とレベルアップしてゆき、「ファイナル」で完成するように組み立てられ、A4版11ページから構成されています。学校などで色々持たされているけど、いまひとつ取り組む気になれない人向けの、短時間で効率よく習得できるもの。メールにPDFを添付して送信します。
 「用言実践筋トレ 」(PDF)の購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には、『用言筋トレを購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。教材PDFが着信した日から3日以内を目安に(金融機関が非営業日はカウントしません)、指定された金融機関( ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行 )の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

PDFとは

実践問題購入メール*ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります*



大鏡「兼通と兼家の不和/堀河殿、最後の参内」 解答/解説 へ

大鏡「兼通と兼家の不和/堀河殿、最後の参内」 問題 へ

大鏡「兼通と兼家の不和/堀河殿、最後の参内」 解答用紙(プリントアウト用) へ


トップページ 現代文のインデックス 古文のインデックス 古典文法のインデックス 漢文のインデックス 小論文のインデックス

「小説〜筋トレ国語勉強法」 「評論〜筋トレ国語勉強法」

マイブログ もっと、深くへ ! 日本語教師教養サプリ


プロフィール プライバシー・ポリシー  お問い合わせ