大鏡「兼通と兼家の不和」(太政大臣兼通) 問題

 (世継)「 @堀河殿(兼通)、果ては、我失せ給はむとては、関白をば、御いとこの頼忠の大臣にぞ譲り給ひしこそ、世の人いみじきひがことと、そしり申ししか。」
 この向かひをる侍の言ふやう、
 (若侍)「東三条殿(兼家)の官など取り奉らせ給ひしほどのことは、ことわりとこそ承りしか。おのれが祖父親は、かの殿の年ごろの者にて侍りしかば、こまかに承りしは。この殿たちの兄弟の御仲、年ごろの官位の劣りまさりのほどに、御仲あしくて過ぎさせ給ひし間に、堀河殿御病重くならせ給ひて、 にておはしまししほどに、東の方に、先追ふ音のすれば、御前に候ふ人たち、『たれぞ。』など言ふほどに、『東三条の大将殿参らせ給ふ。』と人の申しければ、殿聞かせ給ひて、『年ごろ仲らひよからずして過ぎつるに、今は限りになりたると聞きて、とぶらひにおはするにこそは。』とて、御前なる苦しきもの取りやり、 B大殿籠りたる所ひきつくろひなどして、入れ奉らむとて、待ち給ふに、『早く過ぎて、内裏へ参らせ給ひぬ。』と人の申すに、いとあさましく心憂くて、御前に候ふ人々も、をこがましく思ふらむ。
 『おはしたらば、関白など譲ることなど申さむとこそ思ひつるに。 かかればこそ、年ごろ仲らひよからで過ぎつれ。あさましく、やすからぬことなり。』とて、限りのさま Cにて臥し給へる人の、『かき起こせ。』とのたまへば、人々あやしと思ふほどに、『車に装束せよ。御前もよほせ。』と仰せらるれば、もののつかせ給へるか、現心もなくて仰せらるるかと、あやしく見奉るほどに、御冠召し寄せて、装束などせさせ給ひて、内裏へ D参らせ給ひて、陣の内は君達にかかりて、滝口の陣の方より、御前へ参らせ給ひて、昆明池の障子のもとにさし出でさせ給へるに、昼の御座に、東三条の大将、御前に候ひ給ふほどなりけり。
 この大将殿は、堀河殿すでに失せさせ給ひぬと聞かせ給ひて、内に関白のこと申さむと思ひ給ひて、この殿の門を通りて、参りて申し奉るほどに、堀河殿の、目をつづらかにさし出で給へるに、帝も大将も、いとあさましくおぼしめす。大将はうち見るままに、立ちて鬼の間の方におはしぬ。関白殿、御前に Eついゐ給ひて、御けしきいとあしくて、『最後の除目行ひに参りて侍りつるなり。』とて、 F蔵人頭召して、 G関白には頼忠の大臣、東三条殿の大将を取りて、小一条の済時の中納言を大将になし聞こゆる宣旨下して、東三条殿をば治部卿になし聞こえて、出でさせ給ひて、ほどなく失せ給ひしぞかし。心意地にておはせし殿にて、さばかり限りにおはせしに、ねたさに内裏に参りて申させ給ひしほど、こと人すべうもなかりしことぞかし。
 されば、東三条殿、官取り給ふことも、ひたぶるに堀河殿の非常の御心にも侍らず。ことのゆゑは、かくなり。『関白は次第のままに。』といふ御文、おぼしめしより、御妹の宮に申して取り給へるも、最後におぼすことどもして、失せ給へるほども、思ひ侍るに、心強く、かしこくおはしましける殿なり。」

問1 @堀河殿(兼通)、果ては、我失せ給はむとては、関白をば、御いとこの頼忠の大臣にぞ譲り給ひしこそ、世の人いみじきひがことと、そしり申ししかという世評に対して、聞き手の侍はどのような見解を持っているのか。その見解を表す語を本文中から抜き出しなさい。★★

問2 A今は限りとは、どういう状態になったのか。漢字2字の熟語で記しなさい。 B大殿籠りの意味を7字以内で記しなさい。 Eついゐの意味を5〜10字で記しなさい。F蔵人頭の読みを現代仮名遣いで記しなさい。★

問3 Cにてについて文法の観点で説明しなさい。★★

問4 D参らせ給ひの敬語の用法を文意に即して説明しなさい。人名は、「堀河殿・頼忠の大臣・東三条殿・侍・祖父親・小一条の済時の中納言・帝」を使うこと。★★

問5 G関白には頼忠の大臣、東三条殿の大将を取りて、小一条の済時の中納言を大将になし聞こゆる宣旨下して、東三条殿をば治部卿になし聞こえてについて、
   (1)堀河殿が東三条殿に対してこのようなきびしい措置をとったのは、堀河殿のどのような性格によるものと述べているか。その性格を表すほぼ同じ意味の言葉が本文中に二つある。それぞれ抜き出しなさい。★★
   堀河殿としても、そうしたのは本来の意に反するものと思われる。堀河殿がもともと考えていたのはどういうことか。本文中から5〜10字の語句を抜き出して答えなさい。★★

問6 (1) 「大鏡」と対比される同時代の歴史物語は何か。  (2) 「大鏡」に続く鏡物を時代順に三つ記しなさい。★


advanced Q. アンダーライン部かかれとは、東三条殿のどういう点を言うものか、5字以内で記しなさい。

 『大鏡「兼通と兼家の不和/堀河殿、最後の参内」の実践問題』を提供しています(有料 200円)。定期考査に出題が予想され、得点力をアップできる問題(解答用紙/「解答」/「解説」付き)です。メールにPDFを添付して送信します。
 実践問題(PDF)を購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には『大鏡「兼通と兼家の不和/堀河殿、最後の参内」の実践問題を購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。実践問題が着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

 「用言実践筋トレ」(有料 200円)を提供しています。今のうちに用言(動詞・形容詞・形容動詞)をモノにしておきたいと思っている、入門期・展開期あるいは受験勉強段階のどの時期でも確実に文法筋力をつけることができます。「説明を読んで理解する」「書き込んで理解を確かめる」「練習問題を解いて確実なものにする」ことができる、実践的な教材です。「レベル1」→「レベル7」とレベルアップしてゆき、「ファイナル」で完成するように組み立てられ、A4版11ページから構成されています。学校などで色々持たされているけど、いまひとつ取り組む気になれない人向けの、短時間で効率よく習得できるもの。メールにPDFを添付して送信します。
 「用言実践筋トレ 」(PDF)の購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には、『用言筋トレを購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。教材PDFが着信した日から3日以内を目安に(金融機関が非営業日はカウントしません)、指定された金融機関( ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行 )の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

PDFとは

実践問題購入メール*ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります*



大鏡「兼通と兼家の不和/堀河殿、最後の参内」 解答用紙(プリントアウト用) へ

大鏡「兼通と兼家の不和/堀河殿、最後の参内」 解答/解説 へ

大鏡「兼通と兼家の不和/堀河殿、最後の参内」 現代語訳 へ


トップページ 現代文のインデックス 古文のインデックス 古典文法のインデックス 漢文のインデックス 小論文のインデックス

「小説〜筋トレ国語勉強法」 「評論〜筋トレ国語勉強法」

マイブログ もっと、深くへ ! 日本語教師教養サプリ


プロフィール プライバシー・ポリシー  お問い合わせ