枕草子「五月の御精進のほど」(九十九段) 問題

 五月の a御精進のほど、職におはしますころ、塗籠の前の二間なる所を、ことにしつらひたれば、例様ならぬもをかし。一日より雨がちに、曇り過ぐす。つれづれなるを、「ほととぎすの声たづねに行かばや。」と言ふを、我も我もと出で立つ。

 《賀茂の奥にある、定子のおじに当たる明順朝臣邸に寄ると、田舎家であるが風情があり、ほととぎすがしきりに鳴いている。中宮様にお聞かせできないのが残念である。田舎の生活をいろいろと紹介し、ご馳走をしてくれるが、いまひとつ趣味ではない。そんなわけでほととぎすの歌を詠むのを忘れてしまった。雨が降り出したので急いで車に乗った。以上のような話題から、次の本文へ続く。》

 二日ばかりありて、その日のことなど言ひ出づるに、宰相の君、「いかにぞ、手づから折りたりと言ひし、下蕨は。」とのたまふを聞かせ給ひて、「思ひ出づることのさまよ。」と笑はせ給ひて、紙の散りたるに、
  b下蕨こそ恋しかりけれ
と書かせ給ひて、「本言へ。」と仰せらるるも、いとをかし。
  cほととぎすたづねて聞きし声よりも
と書きて、参らせたれば、「いみじう受け張りけり。かうだに、いかでほととぎすのことをかけつらむ。」とて、d笑はせ給ふもはづかしながら、「何か。この歌、よみ侍らじとなむ思ひ侍るを。ものの折など人のよみ侍らむにも、『よめ。』など仰せられば、 eえ候ふまじき心地なむし侍る。いといかがは、文字の数知らず、春は冬の歌、秋は梅の花の歌などをよむやうは侍らむ。されど、歌よむといはれし末々は、少し人よりまさりて、『その折の歌は、これこそありけれ。さは言へど、それが子なれば。』など言はればこそ、かひある心地もし侍らめ。つゆ取り分きたる方もなくて、さすがに歌がましう、我はと思へるさまに、最初によみ出で侍らむ、亡き人のためにもいとほしう侍る。」と、 fまめやかに啓すれば、笑はせ給ひて、「さらば、ただ心に任す。我はよめとも言はじ。」とのたまはすれば、「いと心やすくなり侍りぬ。いまは歌のこと思ひかけじ。」など言ひてあるころ、庚申せさせ給ふとて、内大殿いみじう心まうけせさせ給へり。
 夜うち更くるほどに、題出だして女房も歌よませ給ふ。みなけしきばみ、ゆるがし出だすも、宮の御前近く候ひて、もの啓しなど、ことごとをのみ言ふを、大臣御覧じて、「など歌はよまで、むげに離れゐたる。題取れ。」とて給ふを、「 gさること承りて、歌よみ侍るまじうなりて侍れば、思ひかけ侍らず。」と申す。「ことやうなること。まことにさることやは侍る。などかさは許させ給ふ。いとあるまじきことなり。よし、こと時は知らず、今宵はよめ。」など、責めさせ給へど、けぎよう聞きも入れで候ふに、みな人々よみ出だして、よしあしなど定めらるるほどに、いささかなる御文を書きて、投げ給はせたり。見れば、
  h元輔がのちといはるる君しもや今宵の歌にはづれてはをる
とあるを見るに、をかしきことぞたぐひなきや。いみじう笑へば、「何事ぞ、何事ぞ。」と、大臣も問ひ給ふ。
  iその人ののちといはれぬ身なりせば今宵の歌をまづぞよままし
つつむこと候はずは、千の歌なりと、これよりなむ出でまうで来まし。」と啓しつ。

問1 a御精進の読みを現代仮名遣いのひらがなで記しなさい。★

問2 bとcのようにやり取りする形式を、文芸用語ではなんと言うか漢字2字で記しなさい。★

問3 d笑はせ給ふの理由を簡明に説明しなさい。★★★

問4 eえ候ふまじき心地なむし侍るを文意に即して口語訳しなさい。★★

問5 fまめやかにの意味は次のどれがもっとも適当か。★
     イ ていねいに   ロまめまめしく  ハ ほんとうらしく  ニ 本気で  ホ かいがいしく

問6 gさること承りてについて、(1)指示語の指示内容を明らかにして口語訳しなさい。★★
  (2)「承り」を敬語の観点から、どういうはたらきをしているのか簡明に説明しなさい。★★

問7 hとiそれぞれの歌の内容を組み立てる論理の違いを、簡明に説明しなさい。★★★

問8 「枕草子」の作者名・ジャンル名・成立した時代・作者が仕えた主人の名(2字)を順に記しなさい。時代は、前・中・後期まで答えること。★




枕草子「五月の御精進のほど」 解答用紙(プリントアウト用)

枕草子「五月の御精進のほど」 解答/解説

枕草子「五月の御精進のほど」 現代語訳




 『枕草子「五月の御精進のほど」の実践問題』を提供しています(有料 200円)。定期考査に出題が予想され、得点力をアップできる問題(「解答用紙」「解答」「解説」付き)です。メールにPDFを添付して送信します。
 実践問題(PDF)を購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には『枕草子「五月の御精進のほど」の実践問題を購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。実践問題が着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

 「用言実践筋トレ」(有料 200円)を提供しています。今のうちに用言(動詞・形容詞・形容動詞)をモノにしておきたいと思っている、入門期・展開期あるいは受験勉強段階のどの時期でも確実に文法筋力をつけることができます。「説明を読んで理解する」「書き込んで理解を確かめる」「練習問題を解いて確実なものにする」ことができる、実践的な教材です。「レベル1」→「レベル7」とレベルアップしてゆき、「ファイナル」で完成するように組み立てられ、A4版11ページから構成されています。学校などで色々持たされているけど、いまひとつ取り組む気になれない人向けの、短時間で効率よく習得できるもの。メールにPDFを添付して送信します。
用言筋トレ (PDF)の購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には、『用言筋トレを購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。教材PDFが着信した日から3日以内を目安に(金融機関が非営業日はカウントしません)、指定された金融機関( ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行 )の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

PDFとは

実践問題購入メール*ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります。*



トップページ 現代文のインデックス 古文のインデックス 古典文法のインデックス 漢文のインデックス 小論文のインデックス

「小説〜筋トレ国語勉強法」 「評論〜筋トレ国語勉強法」

マイブログ もっと、深くへ ! 日本語教師教養サプリ


プロフィール プライバシー・ポリシー  お問い合わせ