枕草子「村上の先帝の御時に」(百八十二段) 問題

 村上の先帝の御時に、雪のいみじう降りたりけるを、様器に盛らせ給ひて、梅の花をさして、月のいと明かきに、「これに歌よめ。いかが言ふべき。」と、兵衛の蔵人に給はせたりければ、「 A雪・月・花の時」と奏したりけるをこそ、いみじうめでさせ給ひけれ。「歌などよむは世の常なり。かく、折に合ひたることなむ、言ひがたき。」とぞ仰せられける。
 同じ人を御供にて、 B殿上に人候はざりけるほど、たたずませ給ひけるに、炭櫃にけぶりの立ちければ、「 Cかれは何ぞと見よ。」と仰せられければ、見て帰り参りて、
  Dわたつ海のおきにこがるる物見ればあまの釣りしてかへるなりけり
と奏しけるこそをかしけれ。蛙の飛び入りて焼けるなりけり。
   ※ 参照 「琴詩酒友皆抛我 雪月花時最憶君」(『白氏文集』)

問1 本文中に動詞の活用を意図的に誤用した箇所がある。それはどの語か、正したものを記しなさい。★

問2 A雪・月・花の時で暗に言おうとしたことはどういうことか、簡潔に記しなさい。★★

問3 B殿上に人候はざりけるほどという状況設定が、以下の展開において必要だった理由を二つ述べなさい★★★

問4 Cかれは何ぞと見よを文意に即して現代語訳しなさい。★★

問5 Dわたつ海のおきにこがるる物見ればあまの釣りしてかへるなりけりでは「沖」と「燠(赤く熱した炭火)」のほかに二つ掛詞がある。その掛詞を、漢字を用いて『「○○」と「○○」』という言い方で記しなさい。★★

問6 「枕草子」の作者名・ジャンル名・成立した時代・作者が仕えた主人の名(2字)を順に記しなさい。時代は、前・中・後期まで答えること。★

advanced Q. A雪・月・花の時で、このような言い方をしたのはなぜか、簡明に説明しなさい。

枕草子「村上の先帝の御時に」 解答用紙(プリントアウト用)

枕草子「村上の先帝の御時に」 解答/解説

枕草子「村上の先帝の御時に」 現代語訳


トップページ 現代文のインデックス 古文のインデックス 古典文法のインデックス 漢文のインデックス 小論文のインデックス

「小説〜筋トレ国語勉強法」 「評論〜筋トレ国語勉強法」

マイブログ もっと、深くへ ! 日本語教師教養サプリ


プロフィール プライバシー・ポリシー  お問い合わせ