枕草子「木の花は」(三十七段)  問題

 木の花はこきもうすきも紅梅。桜は、花びらおほきに、葉の色こきが、枝ほそくて咲きたる。藤の花は、しなひながく、色こく咲きたる、いとめでたし。
 a四月のつごもり、五月のついたちの頃ほひ、橘の葉のこくあをきに、花のいとしろう咲きたるが、雨うちふりたるつとめてなどは、世になう心あるさまにをかし。花のなかよりこがねの玉かと見えて、いみじうあざやかに見えたるなど、朝露にぬれたるあさぼらけの桜におとらず。@ほととぎすのよすがとさヘおもヘばにや、なほさらにいふベうもあらず
 A梨の花、よにすさまじきものにして、ちかうもてなさず、bはかなき文つけなどだにせず。愛敬おくれたる人の顔などを見ては、たとひにいふも、げに、葉の色よりはじめて、あいなくみゆるを、もろこしには限りなきものにて、ふみにも作る、なほさりともやうあらんと、せめて見れば、花びらのはしに、をかしき匂ひこそ、心もとなうつきためれ。楊貴妃の帝の御使にあひて泣きける顔に似せて、「梨花一枝、春、雨を帯びたり」などcいひたるは、おぼろげならじとおもふに、なほいみじうめでたきことは、たぐひあらじとおぼえたり。
 桐の木の花、むらさきに咲きたるはなほをかしきに、葉のひろごりざまぞ、うたてdこちたけれど、こと木どもとひとしういふベきにもあらず。もろこしにことごとしき名つきたる鳥の、 Bえりてこれにのみゐるらん、いみじう心ことなり。まいて琴に作りて、さまざまなる音のいでくるなどは、をかしなど世のつねにいふべくやはある、いみじうこそめでたけれ。
 木のさまにくげなれど、楝の花いとをかし。かれがれにさまことに咲きて、かならず五月五日にあふもをかし。

問1 a四月の異名での読みをひらがなで記しなさい。★
   bはかなき、dこちたけれの意味を記しなさい。★
   cいひたるとあるが、言ったのは誰か。 ★

問2 @ほととぎすのよすがとさヘおもヘばにや、なほさらにいふベうもあらず、Bえりてこれにのみゐるらん、いみじう心ことなりを現代語訳しなさい。★★

問3 A梨の花についての(イ)当時の日本人の感想、(ロ)「もろこし」人の感想、(ハ)作者の感想をそれぞれ20字を超えないようにまとめなさい。★★

問4 Cかならず五月五日にあふもをかしについて、「をかし」と言っている理由を説明しなさい。★★★

枕草子「木の花は」 解答用紙(プリントアウト用)

枕草子「木の花は」 解答/解説

枕草子「木の花は」 現代語訳


トップページ 現代文のインデックス 古文のインデックス 古典文法のインデックス 漢文のインデックス 小論文のインデックス

「小説〜筋トレ国語勉強法」 「評論〜筋トレ国語勉強法」

マイブログ もっと、深くへ ! 日本語教師教養サプリ


プロフィール プライバシー・ポリシー  お問い合わせ