伊勢物語「東下り」(第九段) 問題

 昔、男ありけり。その男、身をえうなきものに思ひなして、 a京にはあらじ、東の方に住むべき国求めに、とて行きけり。もとより友とする人、ひとりふたりして行きけり。道知れる人もなくて、惑ひ行きけり。三河の国、八橋といふ所に至りぬ。そこを八橋といひけるは、水ゆく河の蜘蛛手なれば、橋を八つ渡せるによりてなむ、八橋といひける。その沢のほとりの木の陰に下りゐて、乾飯食ひけり。その沢に、かきつばたいとおもしろく咲きたり。それを見て、ある人のいはく、「かきつばた、といふ五文字を句の上に【    】て、旅の心をよめ。」と言ひければ、よめる。

  T から衣着つつなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ

とよめりければ、 U皆人、乾飯の上に涙落として、ほとびにけり
 行き行きて、駿河の国に至りぬ。宇津の山に至りて、わが入らむとする道はいと暗う細きに、つた・かへでは茂り、もの心細く、 cすずろなるめを見ることと思ふに、修行者会ひたり。「かかる道は、 dいかでかいまする。」と言ふを見れば、見し人なりけり。京に、その人の御もとにとて、文書きてつく。

  駿河なる宇津の山べの Vうつつにも夢にも人にあはぬなりけり

 富士の山を見れば、五月のつごもりに、雪いと白う降れり。

  W 時知らぬ山は富士の嶺いつとてか鹿の子まだらに雪の降るらむ

 その山は、ここにたとへば、比叡の山を二十ばかり重ねあげたらむほどして、なりは塩尻のやうになむありける。
 なほ行き行きて、武蔵の国と下総の国とのなかにいと大きなる川あり。それをすみだ川といふ。その川のほとりに群れゐて、思ひやれば、かぎりなく遠くも来にけるかな、とわびあへるに、渡し守、「はや船に乗れ、日も暮れぬ。」と言ふに、乗りて渡らむとするに、皆人ものわびしくて、京に思ふ人なきにしもあらず。さるをりしも、白き鳥の、はしと脚と赤き、鴫の大きさなる、水の上に遊びつつ魚を食ふ。京には見えぬ鳥なれば、皆人見知らず。渡し守に問ひければ、「これなむ都鳥。」と言ふを聞きて、

  名にし負はばいざこと問はむ都鳥わが思ふ人は eありやなしや

とよめりければ、 X船こぞりて泣きにけり

問1
   @ 文中で過去の助動詞「き」が使われている箇所を分節で抜き出し、その活用形の名を答えなさい。
   A 文中で仮定条件の接続助詞「ば」が使われている分節を抜き出し、その口語訳を答えなさい。

問2 a「京にはあらじ」、c「すずろなるめを見ることと思ふに」、d「いかでかいまする」、e「ありやなしや」を口語訳しなさい。

問3 の空欄に文意が通じるよう、ワ行下二段活用の動詞を適切に活用させて記しなさい。

問4 T「から衣着つつなれにしつましあればはるばるきぬる旅をしぞ思ふ」の修辞についてまとめた次の文章の空欄@〜Cに、適当な語を記しなさい。

  「から衣」は、ここでは「着る」の【 @ 】。「から衣着つつ」で、「なれにし」の【 A 】。一首全体を、衣に関する「から衣・着・なれ・つま・はるばる」の【 B 】でまとめあげた。また、【 C 】としては、「なれ」「つま」「はるばる」などがある。


advanced Q.1 U「皆人、乾飯の上に涙落として、ほとびにけり」の「ほとびにけり」とは、何がどうなったのか。また、Uはどういうことを意図した表現なのか説明しなさい。

advanced Q.2 V「うつつにも夢にも人にあはぬなりけり」で、「男」は「誰」にどういう気持ちを伝えようとしているのか。「男」の理屈が分かるように解説しなさい。

advanced Q.3 W「時知らぬ山は富士の嶺いつとてか鹿の子まだらに雪の降るらむ」の「時知らぬ」とは、どういうことについての表現なのか説明しなさい。

advanced Q.4 X「船こぞりて泣きにけり」について、そうなった理由を説明しなさい。


  「『伊勢物語』東下り」実践問題」(有料 200円)を提供しています。定期考査に出題が予想され、受験力アップにもなる問題(「解答用紙」「解答」「解説」「判定&アドバイス」「全文対訳」付き)です。メールにPDFを添付して送信します。
 実践問題(PDF)の購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には、『『伊勢物語』東下り」実践問を購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。実践問題が着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関( ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行 )の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

 「用言実践筋トレ」(有料 200円)を提供しています。今のうちに用言(動詞・形容詞・形容動詞)をモノにしておきたいと思っている、入門期・展開期あるいは受験勉強段階のどの時期でも確実に文法筋力をつけることができます。「説明を読んで理解する」「書き込んで理解を確かめる」「練習問題を解いて確実なものにする」ことができる、実践的な教材です。「レベル1」→「レベル7」とレベルアップしてゆき、「ファイナル」で完成するように組み立てられ、A4版11ページから構成されています。学校などで色々持たされているけど、いまひとつ取り組む気になれない人向けの、短時間で効率よく習得できるもの。メールにPDFを添付して送信します。
用言筋トレ (PDF)の購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には、『用言筋トレを購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。教材PDFが着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関( ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行 )の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

PDFとは

実践問題購入メール*ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります。*



東下り 解答(プリントアウト用) へ

東下り 解答/解説 へ

東下り 現代語訳 へ


トップページ 現代文のインデックス 古文のインデックス 古典文法のインデックス 漢文のインデックス 小論文のインデックス

「小説〜筋トレ国語勉強法」 「評論〜筋トレ国語勉強法」

マイブログ もっと、深くへ ! 日本語教師教養サプリ


プロフィール プライバシー・ポリシー  お問い合わせ