多木 浩二「世界中がハンバーガー」   ヒント

本文のキー・ワード、キー・フレーズを蛍光ペンなどでマークしながら考えてね。

問1 「さ(使役の助動詞)+れる(受身の助動詞)」。「味わうことができる」(可能の動詞)の肯定的なニュアンスではなく、「味わわされる」という言い方のニュアンスの内容を考えてまとめます。

問2 コンビニと例えばマック、提供されているものの違いは…?

問3 次文から論じられています。

問4 何について述べてあるのか。「宮廷社会」と「市民」が対照されています。

問5 前段落とこの段落では、「食事」の持つ「意味」とその衰微が論じられている。論旨が読み取りにくい。饗宴・儀礼がキー・ワード。

問6 「食文化」ということばをよく耳にしますよね。具体的にはどういうことを思い浮かべるでしょうか…?時代や国・地域や季節・場面などでどんな違いがあるでしょうか…?直前の「セルフサービスを取り込み、内装を統一し、メニューを画一化して厨房を廃止し、中央の管理をきわめて容易にしたネットワークの端末」、また、後に述べられる「無国籍的な食べ物を提供している」に着目、これらは「固有な食文化」と二項対立となるものです。

問7 アメリカ合衆国は、1776年に大英帝国から独立した、歴史の浅い国であり、多民族国家です。そのことから「食べ物」について考えまとめてみてください。

問8(1)「遊民」の辞書上の意味は「特定の国籍や文化に所属しないような人々」ということ。文脈上の意味は、直前の「かつての食の内容からみると、貧困としか言いようのないメニューに慣れること、あえて社会的関係を破壊しようとしないでも」に着目して、どういう論理構成になっているのか考えます。
  (2)結末の「…世界のどの都市に行っても、同じ看板、同じ内装、同じメニューのファースト・フードに遭遇する…世界へのくまない分散によって都市同質性知覚からしみ込ませている。」に着目して考えてみてください。


a.Q 「メディア」とは、ここではマス・メディア、すなわち全国的に配信できる新聞・テレビ・ラジオ・雑誌のこと。巨大なネットワーク・帝国となったファースト・フードはどういう点で共通性があるという主張か考えてみてください。



 『多木 浩二「世界中がハンバーガー」の実践問題』を提供しています(有料 200円)。定期考査に出題が予想され、得点力をアップできる問題(解答用紙/解答/解説付き)です。メールにPDFを添付して送信します。
 実践問題(PDF)を購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には『「世界中がハンバーガー」の実践問題を購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。実践問題が着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

PDFとは

実践問題購入メール *ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります*



多木 浩二「世界中がハンバーガー」 解答/解説 へ

多木 浩二「世界中がハンバーガー」 問題 へ

多木 浩二「世界中がハンバーガー」 解答用紙(プリントアウト用) へ



トップページ 現代文のインデックス 古文のインデックス 古典文法のインデックス 漢文のインデックス 小論文のインデックス

「小説〜筋トレ国語勉強法」 「評論〜筋トレ国語勉強法」

マイブログ もっと、深くへ ! 日本語教師教養サプリ


プロフィール プライバシー・ポリシー  お問い合わせ