志賀直哉「城の崎にて」2/2(そんなことがあって〜結末)  ヒント

 本文のキー・ワード、キー・フレーズを蛍光ペンなどでマークしながら考えてね。

問1 ここでは、人家も見えない場所の夕方の「もの静かさ」が「死」に通じる印象を持つためか、「自分」を「そわそわ」=不安定にします。また、【「ヒラヒラとせわしく動く」「一つの葉」=「やまめ」=「生きているはち」】VS.【「ほかはすべて静寂」=「川がに」=「はちの屍骸」】の対比から死に通じる連想しているせいか、「怖い」「好奇心もあった」と述べられ、分かりにくいシーンです。

問2「自分は先ほどいもりは嫌いでなくなったいもりは好きでも嫌いでもないそんなことを考えなくなっていた」と、同じような内容が繰り返されているのは、「いもり」についてどういう結末を際立たせるため…?と字数制限も含めて読み取ります。

問3 同段落の3箇所の「偶然」がキー・ワード(マークして)。「両極」とは対極とも対照とも言えるし、生と死を二項対立で捉えることになります。「両極ではなかった」「それほど差はなかった」を、「偶然」を媒介させて組み立ててみてください。

問4 ー略ー

Advanced Question

 (1)「三週間」…? 直前段落の「そういう気分」「不確か」にも着目。小説冒頭の城崎温泉で滞在している理由、目的も振り返ってみてください。

 (2)「三年以上」…? これも冒頭に戻って、深く正確に読んでよく考えてみてください。この小説の「私」が辿り着いた結論になるのです


 志賀直哉「城の崎にて」2/2(冒頭〜それはしかたのないことだ。)の実践問題(有料 200円)を提供しています。定期考査に出題が予想され、受験力アップにもなる問題(解答用紙/「解答」/「解説」付き)です。メールにPDFを添付して送信します。
 実践問題(PDF)を購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には『「城の崎にて」2/2の実践問題を購入します。』『学校名・学年・氏名』を必ず入力して送信してください。実践問題が着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

PDFとは

実践問題購入メール *ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります*


志賀直哉「城の崎にて」2/2 問題 へ

志賀直哉「城の崎にて」2/2 解答用紙(プリントアウト用) へ

志賀直哉「城の崎にて」1/2 解答/解説 へ


志賀直哉「城の崎にて」1/2 問題 へ


トップページ 現代文のインデックス 古文のインデックス 古典文法のインデックス 漢文のインデックス 小論文のインデックス

「小説〜筋トレ国語勉強法」 「評論〜筋トレ国語勉強法」

マイブログ もっと、深くへ ! 日本語教師教養サプリ


プロフィール プライバシー・ポリシー  お問い合わせ