「伊勢物語」『通ひ路の関守』  問題

 昔、男ありけり。東の五条わたりに、いと忍びて行きけり。Aみそかなる所なれば、門よりもえ入らで、童べの踏みあけたる築地のくづれより通ひけり。人しげくもあらねど、たび重なりければ、あるじ聞きつけて、その通ひ路に、夜ごとに人を据ゑて守らせければ、行けどもえあはで帰りけり。さてよめる。
  人知れぬわが通ひ路の関守は宵々ごとに Bうちも寝ななむ
とよめりければ、  Cいといたう心やみけり。あるじ許してけり。
 二条の后に忍びて参りけるを、世の聞こえありければ、せうとたちの守らせ給ひけるとぞ。

問1 本文中で使われているワ行下二段活用の動詞の語はどれか、基本形にしたものを記しなさい。

問2 Aみそかなる所なれば、門よりもえ入らでを現代語訳しなさい。

問3 Bうちも寝ななむについて、@文法的に説明しなさい。  A現代語訳しなさい。

問4 Cいといたう心やみけりとあるが、女がそうなった理由を説明しなさい。



advanced Q. 「人知れぬ」の歌について、
 1 「人知れぬ」とあるが、この言葉はどの叙述をふまえて表現したものか。適当なものを次の中から二つ選び、記号で答えよ。
    ア いと忍びて   イ みそかなる     ウ え入らで
    エ 踏みあけたる  オ あるじ聞きつけて  カ えあはで帰りけり

 2 「寝ななむ」の「なむ」と同用法となるものを次から選び記号で答えなさい。
    ア そやつはまことには我がもとに入りて、やすらかに物取りてはいなむや。
    イ 同じ枝に鳴きつつをりつほととぎす声はかわらぬものと知らなむ
    ウ 名をばさかきの造となむいひける。
    エ いづくなりともまかりなむ
    オ 盛りにならば、かたちも限りなくよく、髪もいみじく長くなりなむ
    カ 日ごろ山寺にまかり歩き侍りてなむ
    キ 寄する波打ちも寄せなむわが恋ふる人忘れ貝下りて拾はむ




通ひ路の関守(伊勢物語) 解答用紙へ(プリントアウト用)

通ひ路の関守(伊勢物語) 解答/解説へ

通ひ路の関守(伊勢物語) 現代語訳へ



現代文のインデック 古文のインデックス 古典文法 漢文 トップページ