母更衣の死(源氏物語)   問題

 その年の夏、御息所、はかなき心地にわづらひて、まかでなむとしたまふを、暇いとまさらに許させたまはず。年ごろ、常の篤さになりたまへれば、御目馴れて、「なほしばしこころみよ」とのみのたまはするに、日々に重りたまひて、ただ五六日のほどにいと弱うなれば、母君泣く泣く奏して、 Aまかでさせたてまつりたまふ。かかる折にも、 Bあるまじき恥もこそと心づかひして、御子をば留めたてまつりて、忍びてぞ出でたまふ。

 限りあれば、さのみもえ留めさせたまはず、御覧じだに送らぬおぼつかなさを、言ふ方なく思ほさる。いとにほひやかにうつくしげなる人の、いたう面痩せて、いとあはれとものを思ひしみながら、言に出でても聞こえやらず、あるかなきかに消え入りつつものしたまふを御覧ずるに、来し方行く末思し召されず、よろづのことを泣く泣く契りのたまはすれど、御いらへもえ聞こえたまはず、まみなどもいとたゆげにて、いとどなよなよと、 我かの気色にて臥したれば、いかさまにと思し召しまどはる。輦車の宣旨などのたまはせても、また入らせたまひて、さらにえ許させたまはず。

 「限りあらむ道にも、後れ先立たじと、契らせたまひけるを。さりとも、うち捨てては、え行きやらじ。」 とのたまはするを、女もいといみじと、見たてまつりて、
「 C限りとて別るる道の悲しきに
      いかまほしきは命なりけり
いとかく思ひたまへましかば」
と、息も絶えつつ、聞こえまほしげなることはありげなれど、いと苦しげにたゆげなれば、かくながら、 ともかくもならむを御覧じはてむと思し召すに、「今日始むべき祈りども、さるべき人びとうけたまはれる、今宵より」と、聞こえ急がせば、わりなく思ほしながらまかでさせたまふ。

 御胸つとふたがりて、つゆまどろまれず、明かしかねさせたまふ。御使の行き交ふほどもなきに、なほいぶせさを限りなくのたまはせつるを、「夜半うち過ぐるほどになむ、絶えはてたまひぬる」とて泣き騒げば、御使もいとあへなくて帰り参りぬ。聞こし召す御心まどひ、何ごとも思し召しわかれず、籠もりおはします。

問1 次の意味の語を文中から抜き出しなさい。ただし、活用語は基本形にして記すこと。★
    イ 照り映えるように美しいさまという意味の形容動詞。
    ロ 病弱なことという意味の名詞。
    ハ 返事という意味の名詞。
    ニ かりそめ、ちょっとしたさまという意味の形容詞。
    ホ 修飾する文節の打ち消しに呼応して「ぜんぜん・いっこうに」という意味になる陳述の副詞。★★

問2 Aで使われているすべての敬語について、《例》にならって、敬語の種類と誰に敬意を表すものか順に記しなさい。ただし、人物は、「御息所」・「帝」・「母君」・「御子」・「作者」で答えること。★★

   《例》 〇〇 … 尊敬・御息所

問3 Bあるまじき恥もこそを20〜25字で口語訳しなさい。★★

問4 Cの歌について
    @ 使われている修辞を具体的な表現をあげて説明しなさい。
    A この歌は端的に言うと何を言いたいのか、十字以内で答えなさい。★★

問5 「源氏物語」の成立した時代・作者の名・作者が仕えた中宮の名とその父親の名を順に記しなさい。時代は前期・中期・後期まで答えること。★

advanced Q. ともかくもならむとは、(1)誰がどうするというのか。また、(2)そういう言い方をしているのはなぜか。簡潔に説明しなさい。

母更衣の死(源氏物語)(桐壺巻)  解答用紙(プリントアウト用) へ

母更衣の死(源氏物語)(桐壺巻)  解答/解説 へ

母更衣の死(源氏物語)(桐壺巻) 現代語訳 へ



現代文のインデック 古文のインデックス 古典文法 漢文 トップページ