鈴木孝夫「ものとことば」   問題

【本文】 教科書などの本文の各形式段落の冒頭に、あらかじめ次のように記号を付してください。



 a1考えてみると

 a2私が今向かって

 a3引き出しを

 a4私が身に

 a5この調子で

 a6また自然界には

 a7名前が

 a8こんな調子で

 a9しかも

 a10たとえば

 a11こんなふうに


 b1この、ものが

 b2私たちが


 c1ところが

 c2それは

 c3また言語が

 c4この第一の

 c5私の立場を

 c6もちろん

 c7ことばが

 c8なぜならば


 d1抽象的な

 d2机には

 d3こう考えて

 d4そこで

 d5だが、人が

 d6注意してほしい

 d7人間の視点を


 e1このように


【問題】(〇段落・第〇文)

本文に、下記の該当箇所に傍線や番号・記号を書き入れてから解いてみてください。


問1 (c1:1)A「このような前提」とは具体的にはどういうものか、『…という前提』という言い方で50〜55字で記しなさい。

問2 (c1:1)B「唯名論」とはここではどういう立場のことを言うものか、文中から一続きの適当な語句12字を抜き出し、『…という立場』という言い方で答えなさい。

問3 (e1:1)Cの「渾沌とした、連続的で切れ目のない素材の世界」とは、机について述べてある箇所ではどこに当たるのか。本文から10字以上15字以内の一続きの箇所を抜き出しなさい。

問4 (e1:1)D「人間の見地から、人間にとって有意義と思われるしかたで、虚構の分節を与え、そして分類する」とあるが、問3の解答になることについては具体的にはどう「分類」されているのか、すべて記しなさい。

問5 (e1:2)Eの「虚構性」とここでほぼ同意義となる語を次から選びなさい。
        イ 欺瞞性  ロ 虚偽性  ハ 変則性  ニ 特殊性  ホ 普遍性  ヘ 恣意性





advanced Q.1 (a11:1)ものとことばは、互いに対応しながら人間を、その細かい網目の中に押し込んでいるの擬人法の言い方を、「人間は…生活していること」という言い方で分かりやすく言い換えなさい。

advanced Q.2 (b2:1)同じものが、言語が違えば別のことばで呼ばれるという、一種の信念とでもいうべき、大前提の「大前提」に対する筆者の見解を述べている35字以上40字以内の一続きの箇所を本文から抜き出しなさい。








鈴木孝夫「ものとことば」 解答用紙(プリントアウト用) へ

鈴木孝夫「ものとことば」 ヒント へ

鈴木孝夫「ものとことば」 解答/解説 へ


「評論〜筋トレ国語勉強法」

現代文のインデック 古文のインデックス トップページ