志賀直哉「城の崎にて」2/2(そんなことがあって〜結末)  問題

【本文】 教科書などの本文の各形式段落の冒頭に、あらかじめ次のように記号を書き入れてください。




1そんなことがあって、


2だんだんと薄暗くなってきた


3三週間いて、自分はここを



【問題】(〇段落・第〇文)

 本文の、下記の該当箇所に傍線や番号・記号を書き入れてから解いてみてください。


問1  次の文章は2/2問題本文の最初の段落(そんなことがあって〜もっと知っていたと思った。)の表現について述べたものである。空欄に入る適当な語句を後の【  】の語群から選び、記号で答えよ。ただし、同じ記号は二度以上は使えません。★★

   ここでは、〈 @ 〉を効果的に用いることで、〈 A 〉がかえって主人公の心を動かす様子や、風もないのにせわし動く木の葉に〈 B 〉を抱きつつ、城崎の町を一人で散策する主人公の〈 C 〉な心境を、不必要な言葉を省いた〈 D 〉な文体で表現している。

語群 【 ア 比喩  イ 興味   ウ 好奇心  エ 孤独  オ 思索的  カ せわしなさ  キ もの静かさ  ク 反復法  ケ 絶望的  コ 対比的  サ 擬態語  シ 簡潔  ス 叙情的  セ 論理的  ソ 比較 】

問2  (2.11)A「いもりは好きでも嫌いでもない」と述べてあるのは、「いもり」についてどういう結末を際立たせるための伏線になっているのか、該当する本文中の15字以上20字以内の語句を抜き出して答えなさい。★★★

問3 (2.-4)B「生きていることと死んでしまっていることと、それは両極ではなかった。それほどに差はないような気がした。」とは常識的には理解しにくいが、どういうことか分かりやすく説明しなさい。★★★

問4 志賀直哉は文学史上何派と呼ばれるか、また、唯一の長編小説の題名は何か、順に答えなさい。★





Advanced Question

(3.1)「三週間いて、自分はここを去った。それから、もう三年以上になる。自分は脊椎カリエスになるだけは助かった」について、この小説の冒 頭から結末までの全体(「城崎にて」1/2は下にリンクあり)の内容から考えて次の問に答えなさい。

 (1)「三週間いて、自分はここを去った」のはなぜだと考えられるか、分かりやすく説明しなさい。★★★

 (2)それから、もう三年以上になる。自分は脊椎カリエスになるだけは助かったで、「だけ」を使うことでどういうことが暗に語られていると考えられるか、分かりやすく説明しなさい。★★★




志賀直哉「城の崎にて」2/2  解答用紙(プリントアウト用)

志賀直哉「城の崎にて」2/2  ヒント

志賀直哉「城の崎にて」2/2  解答/解説


志賀直哉「城の崎にて」1/2  問題


「小説〜筋トレ国語勉強法」

現代文のインデック 古文のインデックス トップページ