志賀直哉「城の崎にて」1/2(冒頭〜それはしかたのないことだ。)  問題

【本文】 教科書などの本文の各形式段落の冒頭に、あらかじめ次のように記号を書き入れてください。


 1山の手線の電車に跳ね飛ばされて


 2頭はまだなんだかはっきり


 3一人きりでだれも


 4自分の部屋は二階で


 5ある朝のこと、自分は


 6夜の間にひどい雨が


 7「殺されたる范の妻」を


 6はちの死骸が流され


【問題】(〇段落・第〇文)

  本文に、下記の該当箇所に傍線や番号・記号を書き入れてから解いてみてください。


問1 (3.4)A「回っている」の主語は何か、5字以内で記しなさい。★★

問2 「自分」(この小説の語り手として設定されている人物。3段から使われる。)は、城崎温泉に滞在し始めた頃、はちの屍骸を目にするまで「死」をどのように感じ取っていたか。3点にまとめて説明しなさい。★★★

問3 (5.9)Bの「寂しかった」「静かだった」とは、「はち」の屍骸の特にどういう点に対してそう感じ取られているのか、「寂しかった」「静かだった」それぞれについて説明しなさい。★★★

問4 (6.10)C『范の犯罪』のエピソードを挿入することで、どのような効果を持つようになるのか説明しなさい。★★★

問5 (8.25)D「寂しい嫌な気持ちになった」のは、なぜか。最も適当なものを次の中から一つ選び、記号で答えよ。★★

   ア 子供や車夫が生物の命をもてあそんでいたから。
   イ 死に至る前の生き物の苦しみを目の当たりにしたから。
   ウ あらゆる動物は死から逃れることができないものだから。
   エ 自分にもやがて死が訪れると思い知らされたから。
   オ 人に害悪しかもたらさないねずみなのに、往生ぎわが悪いと思ったから。

問6 次の文章の( )a〜dに入れるのに適当な語を、後の【 語群 】より選び、それぞれ記号で答えよ。★

 一九一〇年(明治四十三)、同人雑誌( a )が創刊され、第一次世界大戦後のデモクラシー思想の高揚にのり、大正中期の主要な文芸思潮となった。主な作家は、「友情」を書いた(  b  )、「或る女」を書いた(  c  )、「(  d  )」を書いた志賀直哉らである。

【 語群 】
ア 長与善郎  イ 里見 ク   ウ 有島武郎  エ 武者小路実篤  オ 奇蹟  カ 白樺  キ 歯車   ク 波  ケ 暗夜行路  コ 門





advanced Question

@(8.23)あひるは頓狂な顔をして首を伸ばしたまま、鳴きながら、せわしく足を動かして上流のほうへ泳いでいった。の「あひる」の描写は、どういう表現効果があるか、「ねずみ」と関連させて説明しなさい。★★★

A(8.最後から2文目)両方が本当でとは、具体的にはどういうこととどういうことが「本当」というのか説明しなさい。★★★




志賀直哉「城の崎にて」1/2  解答用紙(プリントアウト用)

志賀直哉「城の崎にて」1/2  ヒント

志賀直哉「城の崎にて」1/2  解答/解説


志賀直哉「城の崎にて」2/2  問題


「小説〜筋トレ国語勉強法」

現代文のインデック 古文のインデックス トップページ