岩井克人「ホンモノのおカネの作り方」  問題

まず教科書などの本文に、下記の該当箇所の傍線(赤字)や番号・記号を書き入れてから解いてみてください。
問1 「1」の形式3段落冒頭の@だが、どのようにして実際に金貨や銀貨が偽造されるかをこれ以上詮索してもしようがあるまいとあるが、その理由を説明しなさい。★★

問2 「2」の形式3段落結末のAホンモノのおカネの単なる「代わり」が、本来のホンモノのおカネに「代わって」それ自身がホンモノのおカネになってしまうとあるが、「紙きれ」の「預かり手形」が「ホンモノのおカネ」になり得るためにはどういう条件があったと述べられているか。三点で説明しなさい。★★

問3 「3」の形式1段落終わりから2文目のBその時々のホンモノについて、(1)「金貨銀貨」、(2)「小切手やクレジットカード」の場合、「ホンモノ」はそれぞれ何にあたるか。本文中から抜き出せ。★★

問4 「3」の結末Cそれがホンモノのおカネを作る極意なのである。の「極意」の意味として適当なものを、次の中から一つ選び、記号で答えなさい。★★
  ア 論理  イ 方法  ウ 意義  エ 秘訣  オ 結論

問5 「4」の2文目のD実際、天王寺屋や鴻池屋ほどの大きな資力も厳重な金蔵もないところには、ホンモノのおカネを作り出すあの逆説は見向きもしてくれない。で使われている修辞法の名を漢字で記しなさい。★

問6 次のabcdのカタカナ部を漢字で、eと同意義となる漢字2字の語を記しなさい。
  ・ 大阪で両替屋を aイトナんでいた天王寺屋や鴻池屋。(「2」)
  ・ 金貨銀貨との引き換えを保証する文章が bえられている短冊形の紙きれ(「2」)
  ・ この預かり手形を貸し出しの cヘンサイの代わりとして受け取った(「2」)
  ・ dコウエキのための支払い手段(「3」)
  ・ 金貨銀貨の引換証書にすぎなかった両替屋の預かり手形やその e末裔としての銀行券(「3」)




Advanced Q.1 「3」の形式1段落2文の「表示された価値そのものの担い手」とは、どういうことか。

Advanced Q.2 「3」の形式2段落冒頭の文の「ホンモノの形而上学」であったとは、分かりやすく言うとどういう認識であったことを言うものか、「ホンモノ」という語を使って簡潔に(30字を越えないくらいで)説明しなさい。





岩井克人「ホンモノのおカネの作り方」 解答用紙(プリントアウト用)

岩井克人「ホンモノのおカネの作り方」 ヒント

岩井克人「ホンモノのおカネの作り方」 解答/解説


「評論〜筋トレ国語勉強法」

現代文のインデック 古文のインデックス 古典文法 漢文 トップページ