山崎正和「水の東西」  問題

【本文】 教科書などの本文の各形式段落の冒頭に、次のように算用数字を付してください。

  1「鹿おどし………

  2見ていると………

  3私はこの………

  4流れる水と………

  5そういえば………

  6時間的な水………

  7そういうこと………

  8西洋の空気は………

  9言うまでもなく………

  10見えない水と………

  11もし、流れを………

【問題】 〈〇段落・第〇文〉

問1 〈1・1〉A『「鹿おどし」が動いているのを見ると、その愛嬌の中に、なんとなく人生のけだるさのようなものを感じることがある』とは、「鹿おどし」のどういうところが「人生のけだるさのようなもの」を感じるのか。簡潔に説明しなさい。★★★

問2 〈5・2〉 B「噴水はさまざまな趣向を凝らして風景の中心になっている」とあるが、では、日本の庭園では何が中心で、「鹿おどし」はどういう存在なのか。 簡潔に説明しなさい。★★★

問3 〈11・2〉C『あの「鹿おどし」は、日本人が水を鑑賞する行為の極致を表す仕掛けだと言えるかもしれない』と筆者が考えるのはなぜか。その説明となる次の文の空欄に(空欄内の)指示に従い、本文から適当な語・語句を抜き出して記しなさい。★★

 日本人は、水の、【 一続きの7字の語句を 】を美しいと感じ、さらには【 一続きの4字の語句を 】水を【 2字の熟語を 】的に味わおうとする【 2字の熟語 】を持つが、「鹿おどし」は音と音との間に【 一続きの4字の語句を 】を【 2字の熟語を 】的に味わわせる仕掛けで、日本人の【 2字の熟語 】と合っているから。





advanced Q.1 〈9・3〉それの指示内容を15字程度で記せ。

advanced Q.2 〈10・1〉我々は水を実感するのに、もはや水を見る必要さえないと言える理由を、本文中の語を用いて50字前後で記せ。



 『「水の東西」の実践問題』を提供しています(有料 200円)。定期考査に出題が予想され、得点力をアップできる問題(解答用紙/解答/解説付き)です。メールにPDFを添付して送信します。
 実践問題(PDF)を購入を希望する人は、下にある「実践問題購入メール」をクリックしてメールを送信してください。メールには、件名に「筋トレ国語」、本文には『「水の東西」の実践問題を購入します。』『氏名・学校名・学年』を必ず入力して送信してください。実践問題が着信した日から3日以内を目安に(金融機関の非営業日はカウントしません)、指定された金融機関(ゆうちょ銀行/三菱東京UFJ銀行)の口座に料金を振り込んでください。
 PDFについて知りたい場合は、下の「PDFとは」にリンクしてください。
なお、 即応できない場合がありますので、必要に応じて「○月○日○時までに」と指定ください。期限を過ぎる場合は送信しません。

PDFとは

実践問題購入メール*ルールやマナーを逸脱していると判断されるメールは、以後、送受信不可となる場合があります*








山崎正和「水の東西」  解答用紙(プリントアウト用) へ

山崎正和「水の東西」  ヒント へ

山崎正和「水の東西」  解答/解説 へ


「評論〜筋トレ国語勉強法」

現代文のインデック 古文のインデックス トップページ