鷲田清一「身体、この遠きもの」  問題

【本文】 教科書などの本文の各形式段落の冒頭に、次のように記号を付してください。

 a1わたしたちにとって
 a2身体(からだ)は、
 a3たとえば、身体は
 a4あるときは、わたしたちの
 a5こういう「神秘」は、

 b1身体は皮膚に
 b2身体はまた、時間的な

 c1物質の塊としての身体
 c2だからこそ、わたしたちは
 c3じぶんの身体のプロポーションが
 c4じぶんがそれであるところの身体が





【問題】 (〇段落.第〇文)


問1 (a4.2)A意のままにできるとほぼ対照となる語句を本文から抜き出して記しなさい。

問2 (a5.1)B『こういう「神秘」』とは、身体のどういうあり方を言っているのか、50字前後で説明しなさい。

問3 (b2.8)C「このように身体の存在を、いま・ここという経験の中心に限定すること、あるいは皮膚に包まれたこの物質的な身体の占める空間に限定することは、どうも身体についての抽象的な考え方のようである」という見解は筆者のどのような主張に基づくのか、『身体は…であり、かつ、…ものである。』という言い方で説明しなさい。

問4 (c1.6)Dじぶんで見ながら制御することのできない顔をむきだしにしておくのは、きわめて無防備なことだについて、その理由を筆者の主張に沿って説明しなさい。

問5 (c4.1)E「身体とのぎくしゃくとした関係」とは、ここでは具体的にはどういうことをいうのか。一つあげなさい。


advanced Q. (c3.4)身体がわたしにとっては、知覚される物質体であるよりもむしろ、想像されるひとつの〈像〉であるについて、「知覚される物質体」と「想像されるひとつの〈像〉」とは、わかりやすく言うとどういうことか。それぞれについて簡明に説明しなさい。






鷲田清一「身体、この遠きもの」 解答/解説 へ

鷲田清一「身体、この遠きもの」 ヒント へ

鷲田清一「身体、この遠きもの」解答用紙(プリントアウト用) へ


「評論〜筋トレ国語勉強法」

現代文のインデック 古文のインデックス 古典文法 漢文 トップページ