多木 浩二「世界中がハンバーガー」  問題

【本文】 教科書などの本文の各形式段落の冒頭に、次のように算用数字を付してください。


 1アメリカの都市は、

 2ファースト・フードの流行は、

 3しかし、どうしてこんなにファースト・フードが

 4我々がファースト・フードの普及に興味を抱くのは

 5しかしどの社会でも、

 6ファースト・フードが世界中に

 7これまででも、都市には

 8もちろんファースト・フードが

 9もちろん都市の食文化にとって

 10おそらくこうしたファースト・フードの経験は


【問題】 〈〇段落・第〇文〉


     問になっている個所が、何段落の何文目にあるのか、あらかじめ「記号・傍線」などを付してください。


問1 (2.3)A世界中のどの都市に行っても、同じ施設に出会い、同じ味のハンバーガーを味わわされるについて。「される」という言い方で、言外にほのめかされていることはどういうことと考えられるか説明しなさい。★★★

問2 (2.5)Bコンビニではそれほど感じないアメリカナイゼーションは、ファースト・フード、とくにハンバーガーのチェーン店では露骨に感じられるについて、ここでは「コンビニ」は「ハンバーガーのチェーン店」のどういう点と異なると考えられるか、例をあげて簡潔に説明しなさい。★★★

問3 (3.1)Cどうしてこんなにファースト・フードが広まったのだろうかとあるが、その答えになるっていることを2点で記しなさい。★★

問4 (4.2)Dヨーロッパの場合、かつての宮廷社会でのバンケットの豪奢からも、一家族がそろってテーブルについて食事をする市民的儀礼からも完全に脱出している。の一文の主語を記しなさい。★

問5 (5.1)Eもともと食事は単に生命を維持するだけではなく、少なくとも共食することは、それぞれの社会文化の中心にあって、象徴的な意味合いを文化に対して持っていたとあるが、「宮廷社会」と「市民社会」では、食事はどのような意味を持っていたと筆者は述べているか。本文中の語句を用いて説明せよ。★★★

問6 (7.2)F「ファースト・フードは、食事の内容からほとんど文化的な意味を失わせた」とあるが、「文化的な意味」とはここでは具体的にはどういうものを思い浮かべればよいのか。あなたかが考えるものを3点あげなさい。★★★

問7 (8.4)G「アメリカ」とて実体がないのであるから、一種の無国籍的な食べ物を提供していると言ってよいの、「アメリカ」とて実体がないとなぜ言えるのか、「多民族」「料理」という語を必ず使って説明しなさい。★★★

問8 (10.2)H「人々はファースト・フードの利用によって、いつのまにか都市の遊民になっていくこと、そしてこの食形式の共有によって我々は奇妙な形で、我々自身をいつのまにか世界化していること」について、次の問に答えなさい。

   (1)「都市の遊民になっていく」とは、どうなっていくというのか、単なる抜き出しではなく分かりやすく説明しなさい。★★★

   (2)「我々自身をいつのまにか世界化している」とは、具体的にはどういうことになるというのか、次から最も近い意味となるものを選び記号で答えなさい。★★

        イ 世界中のどの都市に行っても食べ物の好みで困ることがなくなっていること。
        ロ 世界中のどの都市の特産品も自分の国にいて食べることができること。
        ハ 世界中のどの都市でも固有の食生活が伝統として受け継がれていること。
        ニ 今では世界中どの都市にも同じメニューがあることを当然のことと感じていること。
        ホ 世界中に住む人々が楽しんでいる食文化をどの都市でも味わうことができるようになっていること。





advnced Q. (10.3)これは巨大なネットワークであり、巨大な帝国であり、メディアでさえあるメディアでさえあるについて、ここでは「ファースト・フード」と「メディア」はどういう共通点があるというのか、簡潔に説明しなさい。★★★









多木 浩二「世界中がハンバーガー」 解答用紙(プリントアウト用)

多木 浩二「世界中がハンバーガー」 ヒント

多木 浩二「世界中がハンバーガー」 解答/解説


「評論〜筋トレ国語勉強法」

現代文のインデック 古文のインデックス 古典文法 漢文 トップページ